FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

トレンドラインは水平線よりも役に立つ?役に立たない?

calendar

ライントレードを主体にしたトレードをしようとしている今

一番悩むチャートパターンがあります。

 

【米ドル/円 15分足チャート】

水平線とトレンドラインは、どちらが強いのか?

チャートで両方の線が引ける時に、どちらを優先的に見るべきなのか?

 

前回の記事

『トレードのチャンスロスを減らすには、常にチャートに線を引く』

を実践した結果、余計に迷うパターンが出てきました。

 

 

 

スポンサーリンク

水平線が効果を発揮するチャート と しないチャートの違いは?

水平線・トレンドラインのどちらもチャート上に引ける場合に、どのような違いがあるのかを分析していきます。

 

水平線が効果を発揮する(トレンドラインが弱い)

トレンドラインが下値を支えるように上昇。

水平線のWトップを作って下落しかけて・・・。

結果⇒トレンドラインを割って下落。水平線が効果を発揮した。

 

 

水平線が効果を発揮しない(トレンドラインが強い)

トレンドラインが上値を抑えながら下落。

水平線でWボトムを作りかけるが(上昇しかけるが)・・・。

結果:トレンドラインが水平線を破って、下落する。水平線が効果を発揮しない。

 

 

トレンドラインが効果を発揮する条件は?

先程の2例から考えられることは

水平線とトレンドラインの両方が引ける時は、そのレンドラインが使えるか?使えないか?を考えるべきである。

(※水平線の引き方に違いはないが、トレンドラインの引き方に違いを見出せたから!!)

 

トレンドラインが使えない相場

『使えないトレンドライン』は、トレンドライン上の点として結んでいる箇所が、水平線の角であること。

 

 

トレンドラインが使える相場

『使えるトレンドライン』は、トレンドライン上の点として結んでいる箇所が、ローソクで放物線になっている。(ローソク2本だけでもOKだし、いびつな形の放物線でもOK)

 

この事例からは

『トレンドラインを引く場合には、水平線の角に線を通さない』

というルールを設定できた。

 

このルールが使えるか使えないか、しばらく検証してみる。

 

もちろん15分足でトレードする時には、上位足(1時間足)も同じ方向に進んでいることが条件!!

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)