FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

【兼業サラリーマン】FXトレーダーのトレードタイムスケジュール

calendar

reload

サラリーマンをしながらFXで儲けたい。

本業の安定収入があるうちに、『個人で稼ぐ力』をつけたい。

⇒僕がFXを始めた理由

そんなことを考えながら過ごしているサラリーマンの一日のタイムスケジュールです。

 

スポンサーリンク

サラリーマントレーダーの一日

6:00 起床。

ニュースチェック(ヤフーニュース、グーグルニュース、産経・・・)

チャートチェック。NY時間でどう動いたのか?東京時間(主に9:00~)に仕掛けられそうか?

8:00 出勤

9:00 内勤。日によって変動はあるが、1~2時間の内勤作業。朝一のチャートチェックで仕掛けられそうな場合は、早めの外回りorスマホでトレード。

10:00 外回り。(僕は、営業職です)

本格的にチャート監視可能ではあるが、東京時間は朝の初動以外は、トレードすることが少ないので、監視だけしている。

主に、FT3での練習がメイン。(もちろん本業もしている。)

朝以降のチャンスは、15時~16時頃の欧州初動や、初動を受けてからの18時。

欧州時間が僕のトレードのメインになっている。

18:00 帰社。内勤。

欧州初動や18時でチャンス目がない場合は、会社に戻る。(建玉がある場合は、監視を継続したりするなどして、帰社を遅らせる。)

19:00 退勤。(一サラリーマンとしての情熱はない。営業成績だけは落とさないようにして、早々に帰るようになった。)

20:00 帰宅。チャート監視。欧州時間からの継続でトレードとなるが、NY時間、21時・22時のNY指標がある場合はトレードを避けることが多いので、NY時間でトレードすることも少ない。

FT3での練習。FX以外の収入減模索、ブログ更新など。

24:00 就寝。

 

こんな感じ。

 

僕はデイトレードをしているので、一日に何回も仕掛けることはそうそうないし(多くても2回)、トレードしない日も当然ある。

改めて自分の一日を見ると

9時

15時~18時

20時~24時

この3ゾーンが、トレードタイムとなっている。

(※本業によるチャンスロスもある。相場環境によっての時間変動もある。)

トレード手法(スキャル・デイトレ・スイング)によっても、トレードする時間は人それぞれ全く違うと思うが。

 

自分が集中できるトレード環境づくり

トレード時間に加えて、トレードする環境(状況)も大事。

昔は、空いた時間はずーーーっとチャートを眺めていたが、トレード手法を見直した今は、集中して見るべき時と、『しばらくは様子見でほっとこう』という時の区別がつくようになったので、『無駄な疲れ』がなくなった。

『チャンスを認識できていない人間が、チャンスがいつ来るかなんか分からない。』ということが分かったことが大きい。

 

トレードする環境

本業が忙しい時に、15時になるからといって、無理にチャート監視したとしても、それは決して良いトレードができないし、本業にも支障をきたす。

それは、『トレード』を甘く見てるからできることであり、僕の経験上は全く役に立たない。(良い経験にならない。)

 

トレードする状況

東京の朝のトレードを社内でする場合は、こっそりスマホでエントリー(逆指値の損切)を入れることもあるが、会社の中で、どうどうとパソコンにチャートを映すことなんかできない。(『こいつ、頭おかしくなったんか?』って思われますよ!)

狙っていたチャンス以外は、見えない。

 

自分が集中できているときに、相場環境が自分のトレード手法に見合う場合、トレードすることができる。

 

外部環境としても

ツイッターを熱心に見なくなったこともプラスになった。

一時は、Twitterに上がってくる

『今、買ってるで!』

『はい!利確ー!』

『さっきのここで入ったらよかったのに!』

というツイートに心を振り回されていたが、自分のやり方を構築する過程で気にならなくなってきた。(見ないようになっていった)

※めっちゃためになることをツイートしてる人のは、落ち着いた時間に見るようにしてます。

 

これらのことは、トレード手法(テクニカル)とは関係ないことではあるが、トレード手法に組み込むべき大事なことだと思う。

この記事をシェアする

コメント

  • 200EMAで検索してたらこちらにたどり着きました。

    初めに2017年の記事を拝見しましたが、、、ボルマンを軸にしている自分のスタイルと似ているのでコメントを残させてもらいました。
    ボルマンって何?と思われてしまわれたらすみません。。。

    自分のトレード時間はニューヨークの午前中ですね。
    日中は仕事で、帰宅すると欧州時間は昼休憩タイム。
    となると前述の通り、ニューヨークしかトレード時間がないって感じです。

    引き続きブログを読ませて頂きます。
    失礼しました。

    by ケイスケ76 2018年10月7日 1:42 AM

    • ケイスケ76様

      コメントありがとうございます。
      2017年のトレードは、ボルマン一色でした。
      でも僕の場合はチャートパターンのことしか頭になかったので、成績も頭打ちになって、2018年にやり方を変えましたが。

      兼業だと、『どの時間帯に集中してやるか?』ですよね。
      自分が理想とするトレード手法 と 自分がトレードできる時間帯で使えるトレード手法
      を考えながらこれからもブログ書いていきます!
      ※なるべく新しいブログ記事を見て下さい。古い記事は、もう使ってない(負けてた)トレード手法を書いてることが多いので。笑

      by foxfox 2018年10月9日 8:28 PM

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)