FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

FX1年目で負け続けてやめた、5分足トレードを見直す

calendar

reload

9月4日(月)

北朝鮮が6回目となる核実験を実施したことにより、北東アジア情勢が再び緊迫したこと

4日午後、「北朝鮮が弾道ミサイル発射を準備した」との報道により、円高基調の為替相場となった。

 

週明けの月曜日、大きな下窓でスタートし、さらに円高に進行(報道により)したドル円だったが

夕方に、5分足のセットアップ(ロング)が完成。

 

 

スポンサーリンク

5分足で形成されたセットアップ

円高に進むドル円だが・・・

P1 はらみ足でブレイクアウト

セットアップ解説

下落後にもみ合い、5分足で安値を切り上げながら、パターンライン(白線)と25EMA(赤線)がローソク足をつぶす、スクイーズが発生。

このスクイーズからパターンラインを上ブレイクし、ブレイクは、強力なコンビである「はらみ足」となった。

 

と、こういう形であれば、僕のトレード手法の「P1」に該当するので、普通(15分足のセットアップ)なら仕掛けるのだが、これは5分足。

自分の主戦場である15分足で状況を確認することにした。

このセットアップ発生時刻は、縦の赤線で記載している12:55(※日本時間ではありません)

 

15分足で5分足セットアップの位置を確認

5分足ロングセットアップも15分足の25EMAの下15分足で5分足のセットアップの位置を確認すると

(※図の縦の赤線部分)

15分足の25EMAの下

に位置していることが分かる。

 

僕のトレードの基本方針として、15分足の25EMAの下にローソクが位置しているときは、買わない。

つまり、「25EMAに対しての逆張りはしない」という方針がある。

これは、今までのトレード記録をつけていく中で見出したもので、勝ちに繋がるトレードはエントリーポイントが25EMAに対して順張りであることが多かったことから、基本方針にしました。

 

そして、この方針から、今日の5分足セットアップP1を見送ったのですが、結果としては、入っていれば・・・というものになっています。

 

 

5分足セットアップと上位足の15分足

今までは、15分足を主力として、上位足の1時間足で節目や方向性を確認していたのですが

最近は5分足を見るようになってきました。

(※以前購入した、ボブボルマンの5分足スキャルピングを見返した結果、5分足トレードを再導入することにしました)

 

だから、今までの

15分足の25EMAより下なら・・・、上なら・・・

というものが絶対ではないような気がする。

 

5分足で信頼できるセットアップがあるなら、上位足の15分足が絶対ではないような・・・。

 

まだ、このパターン(5分足と15分足の方向性が違う時)のデータが少ないので、まだ答えは出せないから、しばらくは見送るが

新しくブログのカテゴリーに「見送ったトレード」を作ったので、トレードデータを集めて検証し、今後のトレード指針を決定する

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)