トレード解説

【FX】仕掛けるチャンスを見過ごすのは、仕掛け方を想定できていないから

チャートが大きく動いた後に

「あー、ここやったか」

とか

「ここで仕掛けるべきだった」

と、気づく。

 

なんで、”その時”気づかなかったかと突き詰めていくと

その時に、自分がするトレードを想定できていないから だと思う。

 

値動きが終わった後のチャートを見て、気づくことは

(その気づきを)何回か繰り返したら、そのうちリアルタイムで気づけるようになる

ことはないと思う。

(現に、まだ見過ごしてることが多いし)

自分がなぜ見過ごしてるか(見過ごし続けているか)の原因を探って、対策を練る。

 

「売る」ことだけを考えてたら、「買う」チャンスを逃す

7月20日(金)

ユーロ/米ドル

<4時間足>

20180720 ユーロ米ドル H44時間足では、青線の波のイメージで、下降トレンドと認識。

青丸箇所あたりで、戻り売りを考えた。

そう、戻り売りだけを考えていた。

 

<1時間足>

20180720 ユーロ米ドル H1青丸での戻り売りプランだけが頭にあったのだが

売りを仕掛けるセットアップが、5分足、15分足で現れずに、売りを見送った。

その後、自分が全く想定していなかった値動きである、上昇(買い)が発生。

ただ、チャートを眺めていた。

(黄色線に押してきたら、買おうとは思ったが)

後で見ると、1時間足は、逆三尊のような形で、鋭い上昇を見せていることにも、気づいた。

 

<15分足>

20180720 ユーロ米ドル M15自分が「売り」だけを考えており、売るには、想定していたポイント(青丸)がレンジだと認識。

赤線を下ブレイクした後の戻りで売るか?いやそれは、下がり過ぎてるから、買いが入るかも・・・

と考えている内に、レンジ内で、安値を切り上げて上昇。

そのまま大きくブレイクアウト。

この時、買うことを考えられていたら?

全く手が出せないことはないと思うが・・・。

 

トレンドフォローの「戻り売り」を狙うなら、「戻り売りが失敗」した時のことも考えておく。

当然トレンドフォローの「売りの失敗」である「損切り買い」が大きく相場を上昇させることになる。

 

チャンスを逃すのは、自分が考えられていないから

7月20日(金)

日経225ミニ

<4時間足>

20180720 日経ミニ H44時間足で上昇トレンドと認識。

黄色ラインでの押し目買いを考える。

 

<1時間足>

20180720 日経ミニ H1「買う」ことだけを考えて、「売る」ことを考えられていなかった。

 

<5分足>

20180720 日経ミニ M5Aからの押し目買い(ここも入れなかった)が失敗。

強烈な陰線下落のフィボナッチ61.8%での三尊のネックラインブレイクから、一気に下落。

買いが失敗したから、売られる。

※自分のトレード力の弱さ(不足してる点)としては、ブレイク後の試しを待ちすぎている。

この場合なら、三尊ブレイク後に、上昇してネックラインを試した後に売りたい。

Aの買いは、切り下げラインを上昇ブレイクした後に、下落でラインを試した後の上昇で買いたい。

ブレイク後の試しが起こらない場合は

ブレイク前に、明確な失敗(短期的に攻めてる側の失敗)が起きている。

⇒Aからの押し目買いが入ったのにフィボナッチ61.8%で上昇が止まった。三尊を形成した。だから、即下落。

◎たくさんの買い注文がAから入ったのに、高値更新できずに三尊で下落した。

⇒Aのラインは上位足のレジサポライン。そこで、下げきらなかったから、即上昇。

◎明確な支えである、Aラインで、A到達まで下に攻めてたベア派が、Wボトムで失敗した。

このあたりの考え方は、サンプルを集めて精度を上げていきたい。

 

チャンスを逃すのは、トレードプランが準備できていないから

買うときは、売ること(売ってる人)を考える。

売るときは、買うこと(買ってる人)を考える。

バイアスがかかるから、簡単なようで難しい。

常に気をつけようと思っていても、メインプランサブプランを同じレベルで分析できていないからか?

どうしても、メインプランを優先的に、メインプランに沿う情報(プライスアクション)ばかり探そうとしているからなのかもしれない。

 

これは、知識として、『プランは2つ準備しておく』

知っていても、訓練しないとできないことだと思う。

 

トレードは、知っていても、訓練しないとできないことが多い。

だから、「勝つ方法を知ればなんとかなる」と思っている多くの人が、『知ってるのに』負けて諦めるんだろう。

 

7月21日土曜日、気温は36℃。

相場は止まってるけど、FT3を回そう。

 

FT3はこんな画面です。

過去チャートを再生しながら、トレード訓練が可能。

ラインの描写もできるし、見る時間足も選べる。

トレード結果は明細を出せるし、チャート上にも記録される。

 

FXで負けてる人には一番おすすめするツールです。

FT3は、約3万円で高いけど、今まで5千円の本、2・3千円の本を何冊買いましたか?

まだ負けてる僕が言うから説得力はないかもしれないけど、勝ちたいなら絶対これをやるべきだと思う。

⇒FT3ダウンロードページに移動







-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょーへいのFXブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.