FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

FXはカウンターを狙うスポーツ!波に乗り遅れ続けたのろまな男の発見!

calendar

reload

10月9日(火)

米ドル/円

<4時間足>

20181009 米ドル円 H4売りを考えるが、安値は簡単には更新できそうにない。(4時間足レベルのローソク足が横横に重なったいるから)

⇒なるべく上の方で売って、伸び悩んだら利確する。

 

<1時間足>

トレード箇所(白枠)までの動きは、安値切上げの高値更新。

だけど、大局的には、下降トレンドの中だから、『売り』を考える。

なぜ下降トレンドの中なのか?

⇒最安値をつけた波の起点(ラス戻り高値A)をブレイクしていないから。

=このA地点まで来ると、売り圧が強くなる。

売り候補であるA付近でのプライスアクションを注視する。

※ここにきたから『売り』、ではない!

 

<5分足>

短期的な上昇トレンドの『押し』の部分でのショート。

 

スポンサーリンク

エントリー考察

売り候補である、ラス戻り高値のAライン上で、ダブルトップを形成。

買い勢力の利確が出ると考えた。

上昇波の起点(赤線)から、一直線に上がってきて、売り候補でのダブルトップ。ひっかかるポイントがないから、一気に落ちることが多い。

また、ここまでの上昇波の起点(チャートの赤線)から離れていたこと。(近いと押し目買いが入った時に逃げにくい)

などから、『売り』を選択。

 

利確考察

 

◆短期的には、1時間足でも上昇トレンドを形成しつつあったこと。

⇒1時間足のトレンドラインまで押してくると、再び買いが入って上昇する可能性が高い。

◆売りを仕掛けたダブルトップを形成した波(買い)の起点(赤線)

⇒ここで買った勢力が、再び買い支える可能性が高い。

◆長期的な目線、4時間足で、安値(113.000円)でもみ合っていたこと。

⇒すぐには安値更新できそうにない。新しいセットアップが形成されるのを待つ方が良いかも。

ということを、考えた。

 

トレードの振り返り

今日、エントリーするまで考えていたことがあるけど

『FXは、カウンターを狙うスポーツ』

という目線。

 

勝ち方が見えてない時に考えていたことは

『とにかく先にポジションを持つ』

ということ。

 

例えば

値動きの波に乗り遅れないようにポジポジ病を発症したり

誰よりも先に買い(売り)ポジションを持つことが、大きな利益に直結すると考えたり

そして、その結果、負け続ける。

 

カウンターを狙うということは

『他人の出口』を『自分の入口』にすること。

他人の決済注文(利確・損切り)に、自分の新規注文(買い・売り)をあてる。

『誰よりも先に』ではなく『誰かのカウンターを』狙う。

相場は他人のお金を奪う場所 という僕の捉え方にも、『誰かのカウンターを狙う』という目線はしっくりくる。

 

相場は常に、売買が発生し続けているから、後だの先だの考えると堂々巡りになるけど、負けてる時の自分のエントリーからワンテンポ遅らせて、そこで見えてくるプライスアクションに従うぐらいの感覚がちょうど良いような気がする。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)