利確

FXの利確ポイントは1時間足と15分足を見て決める

せっかく出てきた『含み益』、さっさと確定させてしまいたい!!

 

そうやって、細かな利確を繰り返しているうちに、大きく負ける。

 

あの時の含み益ポジションを持っていれば、今ごろ・・・。

 

まだ、負け組の僕が言えることは、利確に『ベスト(最高)(満額)』は存在しないということ。

仮に、あるトレードにおいて利益MAXのベストな利確ができたとしても、それは”たまたま”。まぐれでしかない。

その”たまたま”の最高を追い求めるトレード(利確方法)からは、日々『あまり良くない利確』が発生し続ける。

 

 

『ベスト(最高)』な利確はないが、『ベター(より良い)』な利確はできるはず。

 

投資格言にも

『頭と尻尾はくれてやれ』

という言葉があるように、ベターな利確を日々獲得する利確指針に基づいたトレードが、トータルでの勝利に結びつくと考えられる。

 

 

15分足トレードで1時間足の利確ポイントを押さえておく

ベターな利確を求めるために必要なこと。

トレードのエントリー時点で、利確ポイントを決めておくこと。(損切りポイントも)

※ここでの利確ポイントは、あくまで、そのポイント(ライン)で、値動きが抵抗を受けたら、利確するということ。

そのポイント(ライン)をローソク足の終値でブレイクすれば、保有し続ける。

 

15分足トレードの利確ポイントは

15分足でのポイントと、上位足である1時間足のポイントを押さえておくこと。

 

 

エントリーと利確ポイント(損切りポイント)

3月2日のユーロ/米ドル

15分足チャートです。

(※必要保証金が足りないため、トレードしてません。)

エントリーポイントと利確予測及び損切り設定

チャート上の白線

2つの×印があります。

相場は下降方向。ここで、上昇の2回目の失敗を受けて、黄色丸でショートエントリーしたと仮定します。

⇒『2回目の失敗』を使ったトレード方法については、こちらの記事を。

 

損切りポイントは、エントリー根拠の2回目の失敗が発生した、白線。

利確ポイントは、チャートの下側にの青い点線が2本。

(下の青線は、15分足での目立つ安値。)

 

 

上の青線は・・・

1時間足 利確予測地点

1時間足の目立つ安値。1.0525ドル。

画像を後で撮影したため、すでにWボトム形成してますがエントリー時間は、朝の8時です。

 

このように、上位足の節目も確認しておく。

 

 

 

エントリー後・・・

利益確保のための含み益確定ライン設置

順調に下降していきました。

黄色丸がエントリーポイントです。

11:45分現在は含み益が発生しています。

 

この含み益を手堅く確保するためにも、含み益確保ラインを設置します。

白い点線が含み益確保ラインです。

 

 

その後・・・

含み益確定ラインの攻防

新しく設定した、含み益確保ライン上での攻防があり・・・

 

 

 

含み益確定ラインをビルドアップとして下降

設置した含み益確保ラインから、新たなベア派が加わり、さらに下降しました。

エントリー後の安値(含み益確保ラインの引き始めのポイント)が、上昇抵抗線となり、上値を抑え続けたことで、ブル派が逃げ出したようにも見えます。

 

 

ここからさらなる下降を期待したのですが・・・

 

 

1時間足のWボトム地点 15分足十字線 利確

もともと設定していた利確ポイントのうち、1時間足のライン。

1時間足のWボトムとなるライン上で、十字線ローソク足が出た(抵抗)ところで利確するのが、ベターかと。

 

ベストな利確(さらなる利益)を求めると、1時間足のWボトムとなるラインをブレイク(さらに、15分足の前回安値も)する期待を込めて保有することになります。

しかし、相場は、この後、1.05440ドルまで一気に上昇してきました。

(1時間足のWボトムからのカウンタートレンド勢力の仕掛け)

 

つまり、さらなる利益を求めるポジション保有だけなら、含み益が損切りに変わるの危険性も出てくるということ。

 

1時間足のWボトム地点をブレイクしたなら、その後のブレイク第2波に乗るトレードを実施すればよい。

 

 

 

ベターな利確を求めること

国内口座でFXをしているなら、少額保証金から1回のトレードで大金持ちになる人はいない。

 

だから、1回のベストな利確を求めるのではなく

100回・1,000回・10,000回トレードした場合に、より多く利益が確保できる方法(ベターな利確)を選択し続けることが必要。

(仮に1回で大金持ちになれる勝負ができるとしても、リスクが高すぎるからやりません!!)

 

そのためには、エントリー時点で、どうなったら利確するかを決めておくこと。

 

そして、含み益をより多く確保するためには

『〇〇pipsになったから、今、利確っ!!』

ではなく

ローソク足が作りだすチャートに基づいて、含み益確保ラインを設置していくこと。

(ポジション保有時間が長くなれば、含み益確保ラインも変動させていく。)

 

含み益が手元にあっても、利確ポイントを最初から決めておけば、慌てて『小さな利確』をすることはなくなる。

 

そして、マーケットが決めておいた利確ポイントをブレイクし、さらに含み益が増加してきた場合には、含み益確保ラインを新しく設けていく。

 

その繰り返しが、ベターな利確(より多くの利益)を生み出すことに繋がる。

 

ある1トレードで、あまり利益がとれなくとも、この方法なら、これから先のトレードで得る利益をより多くすることができるだろう。







-利確

Copyright© 投機屋@しょーへいのFXブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.