FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

レノボE460のBIOSアップデートを失敗したらパソコンが壊れたから修理することに。

calendar

reload

sign-1719892_640

ここ数日ブログ更新できなかったんですけど、BIOSアップデートに失敗して、ノートパソコンを修理に出してました。

 

BIOSが何なのかもわからずに、ポップアップされたアップデートメッセージを適当に『OK』ボタンを連打した結果、大変なことになりました。

危うく、購入して1年未満なのに、またパソコンを買うことに・・・。

 

まあ、全て、僕の無知が原因なんですけどね。(笑)

 

 

スポンサーリンク

パソコンを修理に出している間に考えたこと

アップデートの内容やリスクもわからずに実施して失敗し、パソコンが壊れる。

 

この状況は、哲学者ソクラテスの言葉を借りると

無知は罪なり・・・

 

BIOSが何なのか?

アップデートする必要があるのか?

失敗した時のリスクは?

無知(知らないこと)は、罪(損)ですね!!

 

FXトレードする時には、めちゃくちゃリスクを調べるのに、他のことに一切活かせてない!!(笑)

 

そして、ソクラテスのこの言葉には続きがあります。

無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり。

僕なりの解釈をすると・・・

 

 

無知は罪なり

⇒知らないことは損

 

知は空虚なり

⇒自分だけが知ってるだけじゃ・・・。自分の知を、どう活かすか?

 

英知持つもの英雄なり

⇒自分が知っていることを、みんなに広める。有益な情報を共有化することは、みんなにプラスになる!(自分自身も情報のアンテナを張っておかないと、損する!)

 

 

パソコン初心者向けのパソコン情報サイトを作ります!!

僕は、このサイトを作るまでは、パソコンはYouTubeを見るため、ネットオークションを使うためぐらいしか触ってきませんでした。

だから、パソコンに関する知識って、ほぼ全くないまま、とりあえずサイト作って・・・と進んできました。

だから、今回のような失敗をやらかしたりするんですね・・・。

 

今回の失敗を受け、パソコン初心者がやってはいけないミス(BIOSアップデート)や、サイトの作り方など、専門用語なしで分かりやすいパソコン初心者向け情報サイトを作ります!

(完成したら、このサイトでも案内出します!)

 

 

BIOSアップデート失敗による修理内容や費用は?

修理内容及び費用

修理箇所:システムボードの交換

※パソコンで最も高価な部品らしいです。(他サイト見ると、PC1台買えるぐらいの・・・)

 

費用:郵送費用(\1,200)

※修理に送る時の費用だけかかりました。システムボード交換は保証でOK。修理工場からは元払いで送ってもらえました。

※PC購入後の保証期間内(1年保証という名称ですが、調べると1年2か月の保証期間です。キャンペーン中だったかな?)のため無償修理。保証期間後なら、同じ故障でも、有償に・・・。

 

期間:9日間

※修理依頼日(PC発送前日)から修理されて返ってくるまで。

 

BIOS:PCのOSを起動させるためのプログラムで・・・。要するに、PCで最も大事なもの。アップデート失敗すると大変なこと(めっちゃ高い部品交換が必要)になる。

だから、BIOSのアップデートはする必要なし!!

※レノボの電話オペレーターさん曰く『PCは、新しいものが出てくるとアップデートの案内が出てしまいますが、ご自身が理解できていないものに関しては、触らないほうが良いかと・・・。』

 

レノボのサポート体制について

一般的には、サポートは最悪!!PCを安売りするだけで、全くサポートがあてにならない!!

PCのコストパフォーマンスだけを求めた企業・・・。電話もつながらない・・・。

 

っていう声が大きいと思います。

 

 

今回の修理依頼から完成までで、僕が感じたことは

PC本体を安く売ってるから、サポートはこんなもんじゃない?って感じです。

 

サポート体制に関しても、電話はたしかにつながりにくい!!

でも、コールバックの予約があるので、それをやれば、指定した時間に電話をかけてきてくれるし、電話オペレーターの対応に関しても、一切嫌な気分にもなりませんでした。

 

というか、自分がよくわかってない作業(BIOSアップデート)をして、自分が壊したのに、保証で無償修理してくれたことに、感謝してます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)