トレード解説

移動平均線とフィボナッチだけ使うプライスアクショントレードのやり方

4月4日(水)

<ドル円 5分足>

180404 ドル円 5分足左丸:ショート

右丸:損切り

結果:-14.6pips

赤枠の上限からの戻り売り・・・

のイメージだが、やってるトレードは、1時間足のレジサポで囲んだゾーンの(赤枠)下限での売りになっている。

 

<ドル円 1時間足>

180404 ドル円 1時間足下に抜ける期待で『売る』ことに頭がいっぱいになっていた。

自分の典型的な負け方で

レンジの中で『押し目買い』『戻り売り』

をしている。

⇒レンジ内なら高値圏、安値圏での逆張りをすべき。

 

環境認識としては、1時間足で赤枠のレンジだと最初は考えていた。

でも、5分足に切り替えてからは、5分足の小さな波に飲み込まれていて、1時間足レンジの下限で売っている事実に気づけてない。

1時間足レンジ赤枠の上限からの売りを狙っていたが

戻り売りポイント を探して探しているうちに、レンジ下限に到達している。

どうしても、仕掛けの明確なサイン のようなものを欲しがっている自分がまだいるんだろう。

 

マルチタイムフレーム分析のトレードで失敗しないためには?

僕の課題としては、1時間足でシナリオを作った後

5分足や15分足に切り替えて見ると、途端に、小さな波に揺さぶられて、本来狙っていたトレードができなくなっていること。

チャートの時間を切り替えたとたんに、今まで見ていた大きな波(1時間、4時間)が全く見えていない。

 

4月4日(水)

<ユーロ/米ドル 5分足>

180404 ユーロドル 5分足左丸:ショート

右丸:建値撤退

結果:+0.1pips

これも、冒頭のトレードと同じ過ちを繰り返している。

 

1時間足のレジサポで上昇が止まり(このあたりまで、1時間足で観測)

~戻り売りのポイントを探すべく、5分足に切り替え~

5分足のラス押しを下にブレイクした後の戻りを待って・・・

戻り売りのタイミングを探して探して、赤枠の下限で売り・・・。

※正確には、赤枠のレンジだとは、この時点では判断できていない。レジサポの反発から、下に抜けていくイメージで、赤枠の下限は設けていないが・・・。

でも、1時間足のレジサポから離れた位置で売っていることは、よくはないだろう。

 

レンジの中で小さな波の戻り売り。

1時間足レベルでトレードプランを立てているのに、5分足の波におぼれている。

戻り売りのポイント を探して探しているうちに、レンジ下限で売る羽目に。

 

<ユーロ/米ドル 1時間足>

180404 ユーロドル 1時間足白枠がトレードしたところ。

赤枠の上限で売ろうと考えてはいたが・・・。

 

1時間足の波を捉えるなら、1時間足にフィボナッチを使う

これらの過ちから、1時間足の波を意識するために、1時間足の戻り売り(押し目買い)をするのに、フィボナッチを使う。

 

<ユーロ/米ドル 1時間足>

180404 ユーロドル 1時間足 フィボフィボナッチで信頼できる(過去検証より)のは

50~61.8%

あたりだと考えている。(しばらくは、固定しておく)

 

<ユーロ/米ドル 5分足>

180404 ユーロドル 5分足 フィボ

MT4で『SynchroChart Line』を入れておけば、異なる時間足でも、同一通貨ペアには、同じチャート描写が反映される。

 

1時間足のフィボナッチ50~61.8%の戻り売りを考えると、5分足のダブルトップを形成後に入るのが望ましいと考えられる。

ダブルトップの右の一番上(短期的には逆張り気味)で入るか、ダブルトップの右側で上昇圧力が弱いと考えられるローソク足で入るか?

であれば、損切りを抑えられる、ダブルトップの右側の一番上(と考えられる辺り)で入るのが望ましいと考えられる。

 

フィボナッチで『押し』『戻り』の波を捉える

4月4日(水)

<日経225ミニ 5分足>

180404 日経 5分足白丸:+5円

黄色丸:-60円

赤丸:+65円

 

<日経225ミニ 1時間足>

180404 日経 1時間足白い枠で、「売って(引き分け)」「売って(負)」「買って(勝)」

せわしなく、細かい波に翻弄されている。

そもそも、1時間足の上昇を支えていた21294円を下ブレイクしたから、戻り売りを考えていたのに、5分足に切り替えてからは、細かい波ばかり見ていた。

 

<日経225ミニ 5分足>

1時間足の波にフィボナッチをあてると・・・

180404 日経 5分足 フィボ点線〇が、僕の戻り売り。

大きな白丸が、僕の目指すトレードスタイルの売り。

 

1時間足でラインを引いて

レンジなら 上限で売るか、下限で買うか

ブレイクしたなら 押し目買い、戻り売り

をやろうと考えているが

1時間足でブレイクしたとたんに、5分足で押し、戻りを探しだすから、細かい波に翻弄されるんだろう。

180404 日経 1時間足 波を意識赤波じゃなくて、黄色波を捉えるために、5分足を見る。

 

見るチャートを一つに絞るのではなく、複眼でチャートを見る。1時間足の波を意識するためには、フィボナッチを使って50~61.8%の押し・戻りを待つ。

これで、今日のような敗戦トレードを減らして、大きな勝ちを得られると思うのだが・・・。

 







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.