トレード解説 生存率

FX負け組脱出のためにマルチタイムフレーム分析を取り入れた

180305チャート画面安定しない成績、いまいち勝ちきれない結果から、僕が変えたことは、チャートの表示。

1画面に、15分足、1時間足、4時間足、日足を表示するように変えた。

 

今までは、ドル円、ユーロドルなど、異なる通貨ペアの15分足のみを表示していた。

※今までは、15分足で仕掛けのセットアップを探すことに固執して、ひたすら15分足だけを見ていた。マルチタイムフレーム分析(MTF)の重要性を聞いたりしていたが、「自分のやり方は違う!」と放置。

アルブルックスやボルマンが5分足のみでトレードして(トレード解説)いるのに強く影響されていたのかもしれない。

 

結局、

「勝てないなら、やり方を変えなければならない。」

と本気で考えるようになって、3年間やってきてないことを取り入れることにした。

(1月あたりからやり方を変える必要があると思い出してきていたし、そもそも基本的な知識がないことが致命的だった)

他にも、『ラス押し安値(戻り高値)』など、トレードする上での初歩的なことを理解せずに、ただ『仕掛けのサイン』所謂、聖杯を探し続けたことが、今までの結果に表れていると強く思った。

 

マルチタイムフレーム分析でトレードする

180305ドル円 P1コンビ 15分足 仕掛け3月5日(月)

左丸:ロング

右丸:利確

結果:+66.7pips

 

<15分足>

パターンラインと25EMA(緑線)の間でスクイーズされて、はらみ足の上でエントリー。

※移動平均線は、緑(25EMA)、青(100EMA、1時間足の25EMA)、紫(200EMA)

15分足で作っていたレンジ。

下を探る動きが失敗した後に、上昇への動き。(騙しの反転でもある)

 

<1時間足>

180305ドル円 P1コンビ 1時間足 15分足でレンジを作っていたセクションは、1時間足で見ると、安値を更新した後のもみ合い。

ここで、今まで下降相場だったから、(15分足で確認できる)レンジの上限で『売り』の注文が入っていく。

15分足で見た下を探る動きは、1時間足で見ると、ただの安値の切り上げポイントなっていることが分かる。

 

仕掛けまでの考察

①15分足の上位足、1時間足で安値の切り上げ事実を確認。

⇒安値更新の失敗。売り圧力の弱まり。

②15分足のレンジ上限で売り注文がたまっていることが分かる。

⇒水平線(105.6899)を上昇ブレイクせずにレンジを形成しているから。

③他人の『決済注文(損切り)』が入るのは、105.6899の少し上あたりと予測。

⇒ここのブレイクで仕掛けるか、ブレイク後の押し目を狙う。

④狙った価格帯で、P1コンビのセットアップを形成。

⇒ここ(105.6899)の少し上の、ブレイクで仕掛ける。

180305ドル円 P1コンビ 15分足強力なブレイクコンビである、はらみ足で仕掛ける。

はらみ足ならば、初期損切りも近くにセットできる。

15分足の25EMAの下支えがあり、上位足の1時間足の25EMAも横向きで、この後、支えとなる可能性が高い。

 

仕掛けた後は、安値の切り上げ、高値の更新に合わせて、損切りを上昇させていった。

 

デイトレードでも4時間足、日足を見る

これは、今までの僕が全く見てなかった足。

デイトレで、1日以内に取引を終えるから、そんな長い時間の足は見なくていいと考えていた。短期的な足を見ることだけを重視した結果、そんなことを3年やっても勝ちきれない状況になっていた。

<4時間足>

180305ドル円 P1コンビ 4時間足 利確の価格帯は、4時間足レベルのダブルトップのネックライン。

4時間足では安値の更新をした後の戻りであり、『戻り売り』が入る可能性があるのも、ネックラインのところ。(50~61.8%の戻り+テクニカル的なレジスタンス)

 

この他にも、ここ数日で学んでいることは多いのだが

本当に新しい知識は、ほとんどない。

MTFもラス押し安値も、『今まで知っていたけど軽視してきたもの』が多く

勝てない結果、基本的なことを学び直す過程で、改めて基本の重要性に気づいている。

 

今までと、一番大きな違いは

環境認識した後でトレードすること。

 

今までは、仕掛けのパターンを最初に探していた。

今は、仕掛けのパターンは最後。

 

今の方向性が正しいのかは、まだわからない。

が、ちょっと前に進みだせた気がする。

 

2018年2月キレました

FXを始めて3年半ぐらい。

 

敗戦に次ぐ敗戦。

冷静だと思っていた自分が感情に身を任せてトレードしたり

考えが堂々巡りになって、チャンスを逃したり

焦っていい加減なトレードをしたり

3年やっても、まだ負けてる現状

自分の不甲斐なさ、情けなさ

に、ブチ切れてしまい、結果をつけれませんでした。

 

基本に戻った今、改めて一から始める気持ちでやり直そうと思ってます。

 

感情に身を任せるのはよくないと思いますが、感情に蓋をするのではなくて

なぜそういう感情が出てきたのか?

自分が、その出来事(結果)に対して、どういう解釈をしているのか?

などを考えることで、感情は大事なセンサーになると思ってます。(自分のトレードルールを決めていく上でも)

(このあたりも、もうちょい自分の中でまとまった考えを構築できれば記事にしていこうかと思います。)

 

キレましたが、退場はしてません!

キレましたが、当初の目標を諦めてはいません!

一つ一つ、自分の考えをまとめながら、自分が納得できる・理解できるやり方を作っていきます!







-トレード解説, 生存率

Copyright© 投機屋@しょーへいのFXブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.