FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

2019年3月 月間成績まとめ

calendar

201903 資産推移

証拠金推移グラフの項目を見て頂ければわかるように、日経225ミニのトレードを一旦やめることにしました。

理由は、今の自分のトレード技術では、日経の値動きは捉えにくいからです。

全く通用しないわけではないと思うのですが、一旦は、FXのトレードに絞ります。

そして、より金額ベースでの増加を、増加を加速することを目指せるスタイルに変更することにしました。

これが失敗したら、また一からやり直します。



スポンサーリンク

新しいトレードスタイル

①海外口座XMでデイトレード

201903 XM

レバレッジは、100倍。

1トレードあたりのリスク率 6.8%(1トレード損失の証拠金比率。国内口座では2.2%。)

で、海外口座XMを使って、デイトレードします。

※口座開設した3月には、10万通貨トレード(レバレッジは250倍ぐらい)でやりましたが、これは、リスク上げすぎです。


FXをやるうえで、最も大事なことは資金管理だ!

ということは頭では理解しているつもりですが、僕は、完全理解できていません。実感がないんです。

だからこそ、今の自分のトレード手法、仕掛け、利確で、リスクを上げて、リターンを増やすトレードをします。

もし負けたなら(海外口座なので、証拠金がゼロで退場)、その時は

資金管理とは何か?

なにが資金管理において重要なのか?

が少しは分かっていると思うので、その時の考えをもって、一から再スタートします。

※僕にとっての資金管理は

海外口座60,000円スタート(日経225ミニの証拠金を流用)

国内口座110,000円(従来の証拠金を継続)

でやることです。



②国内口座SBIでスキャルピング

201903 SBI

今までやったことがないスキャルピングを始めます。(上の成績表は、3月の国内デイトレです)

今のデイトレードにおいて、相場分析中に

ここ から ここまで

は、すっと動くかな?

という『相場の隙間』のようなところが、少しずつ分かり始めているような感覚があります。(実際にトレードせずに、値幅が狭いから見送っているので、実感ではありませんが)

だから、全く新しいトレード手法としてのスキャルピングをやるというわけではなく

今まで見送っていた『隙間トレード』を実弾で練習していきます。



海外口座をメインに使っていく間、いざという時の再スタート資金として国内口座に10万円を入れてます。

そして、海外でデイトレをしている間に、スプレッドが狭い国内口座でスキャルピングの実弾練習を重ねる。

これも、負けたなら

また一から再スタートします!



201903 年間成績

勝つぞ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)