トレード解説

FX初心者にもおすすめ!5分足の反転を使ったエントリー方法

FXで勝てない原因は

直近の値動きを追いかける

からです。

 

 

なぜ値動きを追いかけるエントリーをすると負けるのか?

1時間足のトレンドフォローをするなら、5分足の反転ポイントで仕掛ける形になるので、5分足の値動きを追いかけることにはならないですし

1時間足の逆張りをするにしても、5分足の反転ポイントで仕掛けるので、これも5分足の値動きを追いかけることにはならないです。

※5分足の値動きを、冒頭の「直近の値動き」と表記しています。

⇒1時間足のトレンドフォローのエントリーについてはこちらの記事へ。

 

FXで勝っている人は、順張りでも逆張りでも、値動きを追いかけないエントリー方法をとるので

値動きを追いかけるようなエントリーをしている時点で、FXでは負けることになります。

※FXで勝つ方法、負ける方法は無数にあります。

この記事では、5分足でエントリーして負けているトレードの改善策を紹介します。

 

 

FXで勝てるエントリー方法は?

FXで勝つためには、直近の値動きを追いかけないエントリーをすることです。

よく、マルチタイムフレーム分析をして大局を見る

(上位足の方向性を見る)

という表現がされています。

 

上位足の方向性に沿うトレードが素直にできればいいのですが、5分足チャートを見ていると、つい直近の値動きに振り回されて負けトレードを重ねることが多いかと思います。

上位足の方向性に沿うトレードを、下位足でエントリーしてできているなら、すでに勝てているはずです。

負けている原因は、上位足の方向性を見ているようで見ていないからです。

 

なぜ勝てるエントリー方法ができなくなるのか?

なぜ上位足のチャートを見ているのに、エントリーする下位足に振り回されるのか?

原因は、自分自身の考え方にあると思います。

環境認識よりもエントリーポイントを探し出すことが大事

このタイミングで仕掛けられなかったら、もうトレードできない

前の損切トレードの損失を取り返したい

など、考えているからです。

 

まとめると、攻める意識が強すぎる状態です。

前のめりになっているから、5分足の値動きを追いかけてしまうようになっていると考えられます。

※「エントリーのタイミングが合わなければ、次のセットアップを待とう」という考え方なら、値動きを追いかけるのではなく、よいエントリータイミングを待てるはずです。

 

でも、人の考え方やマインドは、簡単には変えられません。

具体的なエントリー方法から変えていくしかありません。

そこで、攻めるポイントを探すのではなく、守られたポイントでエントリーするようにします。

 

 

1時間足の守られたポイントでエントリーする方法

12月18日(水)

ユーロ/米ドル

<4時間足チャート>

ユーロ米ドル 4時間足チャート

4時間足、上昇トレンド。

斜めの線が上昇トレンドチャネル。

赤い水平線が、4時間足の上昇トレンドの最後の押し安値です。

※ここがブレイクされるまでは、上昇トレンド継続と考えます。

 

<1時間足チャート>

1時間足は下降トレンドを形成しています。

青い切り下げラインが、1時間足の下降トレンドラインです。

黄色矢印が買いエントリーポイントなので、ここを5分足で見てみます。

 

<5分足チャート>

4時間足の押し目買い、5分足エントリー

5分足の下降トレンドの、最後の戻り高値をブレイクした後の安値試し。

赤い水平線(4時間足の最後の押し安値)に、支えられました。

 

チャートのAで、買いエントリーするのが、「ブレイク後の試し」という言葉にあたりますが、Aではエントリーしません。

理由は、「時間」の概念です。

1時間足の下降波に対して、5分足で視認できたAのダブルボトムは、小さいからです。

※小さい=ダブルボトムの幅が狭い(短い時間で形成されている)

 

FXで勝てない人は

縦軸の「価格」ばかり見ていて

横軸の「時間」を見ていません。

これに関しては、長くなるので、別の記事で詳しく紹介します。

 

黄色矢印のエントリー後の相場を見てみます。

 

<1時間足チャート>

4時間足の押し目買い 1時間足チャート

上向きの黄色矢印が、買いエントリーと利確。

下向きの黄色矢印が、売りエントリーと利確。

 

買いエントリーは、4時間足の最後の押し安値が守られたところ。

上昇トレンドが継続したところです。

 

対して、売りエントリーは、1時間足の最後の戻り高値が守られたところ。

下降トレンドが継続したところです。

 

ここを、5分足で見てみます。

 

<5分足チャート>

左にある、上向きの黄色矢印で、買いエントリーと利確。

1時間足の下降トレンドが継続中なので、最後の戻り高値(青点線)で、利確しています。

 

右にある、下向きの黄色矢印で、売りエントリーと利確。

1時間足の下降トレンド継続でエントリーしていますが、4時間足の上昇トレンドも崩れていないので、4時間足の最後の押し安値で、利確しています。

 

直近の値動きを追いかけるのではなく、守られたところを探す。

1時間足や4時間足のトレンドが守られたところが、よいエントリーポイントになる例です。

 

 

5分足エントリーで、上位足の節目ブレイクを狙う

12月20日(金)

ユーロ/米ドル

<4時間足チャート>

4時間足の最後の押し安値ブレイク

先程のトレードの翌日のチャートです。

4時間足の上昇トレンド、最後の押し安値(赤水平線)が、ブレイクされています。

 

<1時間足チャート>

1時間足トレンドラインでのエントリー

1時間足の下降トレンドが継続し、4時間足の最後の押し安値をブレイクしました。

黄色矢印が売りエントリーと利確です。

この相場では、上位足(4時間足)のトレンドが崩れる前に、売りエントリーを入れています。

※青い下降トレンドラインは、1時間足のローソクを無視しているようにも見えますが、4時間足チャートで見た場合、実体を通して引いています。

 

4時間足チャートを見てもわかるのですが

4時間足の最後の押し安値ライン(赤水平線)から、何度も買いが入り上昇しましたが、徐々に高値を切り下げています。

このことから、買い圧力が徐々に弱まっている(売り圧力が徐々に強まっている)ということが分かります。

ブレイクアウトで仕掛ける条件は、ビルドアップがあるブレイクであること。

この条件を満たしているといえる相場です。

※赤い水平線、4時間足のラスで支えられる可能性もありますが、トレードにおいてリスクをゼロにすることは不可能です。

常にリスクは存在します。

リスクとリワードを考えてトレードします。

 

ここを5分足で見てみます。

 

<5分足チャート>

5分足ダブルトップで売りエントリー

5分足の上昇トレンドは、最後の押し安値をブレイクされた時点で、崩壊。

さらに、下降トレンドライン(青線)が守られています。

※高値切り下げからのダブルトップで、守られたと判断。

 

上位足で見ても、ビルドアップがある状態なので

節目(4時間足の最後の押し安値)のブレイクアウトを狙って仕掛けています。

※ビルドアップがなければ、節目ブレイクアウト後の、戻しを待ちます。

 

Aでエントリーしていない理由は、上位足の節目(ライン)は、下位足でピッタリ反応するわけではないからです。

1時間足、4時間足の節目(ライン)に対して、5分足でエントリーするなら、2回試すのを待つほうが良いです。

 

 

トレンドラインブレイクでも、トレンド継続

12月20日(金

ポンド/米ドル

<1時間足チャート>

トレンドラインブレイクでもトレンド継続

1時間足下降トレンド。

トレンドラインは青線。

紫の水平線は、先週足の安値ラインです。

※週足の高値・安値は、抵抗・支持になることが多いので、描写しています。

 

青色の下降トレンドラインがブレイクされていますが、黄色矢印で売りトレードしています。

たとえトレンドラインがブレイクされたとしても、ラス(最後の押し安値、戻り高値)がブレイクされるまでは、トレンドは継続だと考えます。

トレンドラインブレイク後に極値(高値、安値)を更新して、トレンドラインを引き直すことは多いです。

 

黄色矢印のトレードゾーンを5分足で見てみます。

 

<5分足チャート>

売り相場で、節目が守られた

下降トレンドラインをブレイクしましたが、1時間足の最後の戻り高値はブレイクされていないので、下降トレンド継続です。

 

今回は、節目が守られたパターンです。

週足の安値(紫ライン)は、今まで値動きを支持してきましたが

1時間足の下降トレンドにブレイクされたので

今度は、値動きの抵抗になります。

※ボブ・ボルマンの「支持と抵抗の原則」より

 

5分足の上昇トレンドブレイク後の試しで、反転下落したところで売りエントリー。

週末であったことに加え、1時間足の下降トレンドラインの延長線上に到達したところで利確。

トレンドラインも、ブレイク後の試しで反転することがあります。

これも、「支持と抵抗の原則」です。

※支持と抵抗の原則

今まで支持してきた節目(線)をブレイクしたら、今度は抵抗線になる。

今まで抵抗してきた節目(線)をブレイクしたら、今度は支持線になる。

 

 

トレンドのラスはエントリーポイントになることが多い

トレンドのラス=トレンドの最後の押し安値、最後の戻り高値

は、大きな抵抗・支持になるので、守られることが多く、なかなかブレイクされません。

そのため、エントリーポイントになることが多いです。

 

12月20日(金)

カナダドル/米ドル

<4時間足チャート>

4時間足、下降トレンド。

下降トレンドの最後の戻り高値が青線です。

 

<1時間足チャート>

下降トレンドの最後の戻り高値で反転しています。

黄色矢印のポイントで、下降トレンドが守られたと判断しています。

 

<5分足チャート>

赤い線が、1時間足の上昇トレンドライン。

上昇トレンドラインをブレイクする前に、売りエントリーしていますが

これは仕掛けるポイントと、支持となる上昇トレンドラインの間に十分な値幅があるからです。

※上昇トレンドラインを割っていないので、再上昇する恐れはありますが、リスクをゼロにすることはできません。

 

5分足で押し目買いが入る場所を考えても、十分な値幅があります。

(押し目買いが入るなら、大陽線の起点あたりと考えます。)

 

高値切り下げからのダブルトップ。

ここでも上位足の節目に対しては、5分足の2回のプライスアクションを待って仕掛けています。

 

 

5分足エントリーの勝率を上げるコツは、目線を少し変えるだけ

このように例を挙げてきましたが

基本的にエントリーの方法は、いつも同じであることが多いです。

 

今、あなたがやっているトレード方法、エントリー方法でも勝てていないなら、そのエントリー方法をやめるのではなく、少し目線を変えてみてはどうでしょうか。

チャートの見方を変えるだけで、トレードの結果がガラッと変わることがあります。

 

あるセットアップ完成(成功)で仕掛けて、負けているなら

失敗したところで仕掛けるように変えるなど。

 

大事なのは追いかけるのではなく、待つ意識。

守られたところで仕掛けるようにするとトレード結果が大きく変わってくると思います。







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.