FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

【FXプライスアクション】反転足の騙しを使ったトレード手法

calendar

reload

FXは、ゼロサムゲーム。

僕は、為替相場は『人のお金を奪う場所』だと考えてます。

※僕のFX人生では、『人にお金を奪われてる場所』ですが・・・。

 

素直な心を持った兼業トレーダーが、相場で騙され、お金を奪われ続け、相場の『騙し』に少しだけ気づいてきました。

 

スポンサーリンク

トレンドに対する『反転足』は『騙し』になることが多い

9月26日(火)

米ドル/円 5分足

×2 騙しの反転足

左丸:ロング

右丸:利確

結果:+9.8pips(+2,940円)

トレード解説

×2 騙しの反転足 拡大

111.680円付近をバリアとして、価格の引きつけがあり、プルバックラインを上にブレイクしたのでロングを仕掛けた。

セットアップパターンは、×2。

 

このトレードでは、セットアップ『×2』を形成しながら、トレンドの反転足(形成時点では予測)を形成したことに注目した。

 

注目箇所(黄色の枠)

①これは、ローソク足3本がセットになった反転足であり、プルバックラインにも反応(下降)している。(⇒ベア派が仕掛けるポイントとなりうる

②また、黄色枠では、ローソク足が2本連続で、同じ高値で止まっている。

黄色枠の前の(左側の)高値も同様の位置であり、ベア派のバリアとして、111.735円あたりが意識されている。(⇒これを上ブレイクしたら、先ほど仕掛けたベア派が撤退する可能性がある

③5分足のチャートでは、ローソク足の多くは、25EMAよりも上に位置しており、上昇相場である。

 

よって、上昇相場(トレンド方向)に対して、『下降の騙し(①と②のカウンタートレンド仕掛け)』があるので、騙しを利用して仕掛けた。

 

利確について

仕掛けに対しての利確の考えとしては、5分足の上位足である15分足を使った。

15分足の200EMAで利確

このトレードは、15分足の200EMAに到達したところで手仕舞い。

⇒200EMAについての考え方は、こちらの記事を。

 

このトレードは、初期リスクとして111.680円の「-7pips」

利確目標が111.850円の「+10pips(スリップで、9.8pipsになったけど)」

のリスクリワード1.42のトレードでした。

 

p.s.

この後、112円ぐらいまで伸びたんだけどね・・・。

※自分のトレード手法(仕掛けから手仕舞い、リスクリワード)からは、9.8pipsの獲得だが、良いトレードができたので、気にしない。

頭と尻尾(めっちゃ長い尻尾になるかもだが)はくれてやれの精神が大事!

 

埋まってる親知らずが腫れてきた・・・

先週末からちょっと気になってたんですけど、腫れてきました・・・。

下の歯

斜めに生えてる

埋没

の三重苦!!(水平埋没じゃないだけマシか?!)

上の親知らずは抜いたことがあるんですけど、下の歯は初・・・。

 

神経に干渉しないかどうかの検査を今日してきたので

明日、『結果確認+問題なければ即抜歯』の流れです。

 

痛みに弱い僕にとっては大きな試練であり、心の動揺(体の動揺)があるので、明日からは、しばらくトレードを休むと思います。

(抜歯や抜歯後が気になるからネットで調べたら、マイナスな情報しか入ってこない!!)

痛みがそんなに出ないとええんやけど・・・

 

それでは!!

 

追記(10月1日)

抜歯後に、再び『反転足の騙し』で勝ちました。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)