トレード解説

【デイトレード】トレンドフォローは、トレンドの終わりでエントリーしない!

1時間足トレードで、トレンドフォローをしているのに、自分が仕掛けたとたんに、トレンドが終了して損切。

1時間足トレードをするはずが、目の前の5分足に振り回されて損切。

 

FXをしていて、こういう負け方をしていませんか?

この記事では、1時間足トレードのやり方と、5分足、4時間足チャートの使い方を説明します。

 

 

1時間足トレードで負ける原因

1時間足トレードをしていて負ける原因で多いのは2つあり

①上位足を見ていない

②下位足を追いかけている

です。

 

1時間足のトレンドフォローをしようとして、「1時間足のトレンドが認識できない」という人は少数だと思います。

1時間足のトレンドフォローをするなら、1時間足のトレンド認識ができていれば勝てるはずです。

それなのに、なぜ勝てないかというと、上に挙げた2点に原因があります。

トレンド・・・高値と安値の切り上げ(上昇トレンド)

       安値と高値の切り下げ(下降トレンド)

 

1時間足のトレードでも、1時間足の「上位足」と「下位足」を両方見る必要があります。

※どの時間足を使うにしても、その基準足の「上位足」と「下位足」を見るのは変わりません。

 

1時間足を基準にしたトレードで、「上位足(4時間足)」と「下位足(5分足)」の使い方を紹介します。

 

 

1時間足のトレンド と 4時間足のトレンド

ユーロ/米ドル

<1時間足チャート>

1時間足 トレンドラインブレイク

1時間足は下降トレンド。

(青線が下降トレンドライン)

黄色矢印で、買いエントリーと利確をしています。

1時間足が下降トレンドであれば、トレンドフォローは「売り」ですが、ここでは「買い」を選択しています。

 

その理由は、4時間足にあります。

 

<4時間足チャート>

4時間足 押し目買いゾーン

 

1時間足は下降トレンドでも、4時間足は上昇トレンド。

赤枠は、4時間足の最後の押し安値であり、押し目買いゾーンです。

買いを入れたエントリーポイントは、ちょうど、4時間足の押し目買いゾーンでした。

 

1時間足だけを見て、上位足の4時間足を見ていなければ、4時間足の上昇トレンドに逆らう「売り」を選択していたかもしれません。

 

最後に、エントリーに使う5分足を見てみます。

 

<5分足チャート>

5分足 最後の戻り高値ブレイク

1時間足トレードにおいて、エントリーの基本は

5分足が反転したところ

です。

反転の定義の一つに(下降トレンドの反転なら)

最後の戻り高値をブレイクした後の安値試し

があります。

(青点線が5分足の最後の戻り高値です。)

 

1時間足トレードをしているのに、エントリー直後に反転する

という人は、自分がエントリーした5分足チャートを保存して、見返して下さい。

きっと、5分足が進んでいる方向に追いかけてエントリーしているはずです。

 

1時間足のトレンドフォローで、5分足をエントリーに使うなら、多くの場合は、5分足の反転箇所で仕掛けることになります。

 

 

1時間足トレンドの終わりは、4時間足で予測する

上位足を見ることで、終了間近のトレンドに乗らないようになります。

 

2020年1月7日

米ドル/円

<4時間足チャート>

200108 ドル円 4時間足チャート

4時間足は下降トレンド。

4時間足の戻り売りゾーンは、青枠です。

 

<1時間足チャート>

200108 ドル円 1時間足チャート

1時間足は上昇トレンドでしたが、4時間足の戻り売りゾーンの青枠に到達しました。

1時間足のトレンドが終了する可能性が高いのは、上位足の「戻り売り」や「押し目買い」が入るところです。

 

<5分足チャート>

200108 ドル円 5分足チャート

1時間足の上昇トレンドが終了する可能性の高い、4時間足の戻り売りゾーン。

5分足は上昇しています。

5分足の最後の押し安値(表記していない)を、ブレイクした後の高値試し。

高値が切り下がって落ち始めたところで、売りエントリーします。

 

 

損切を減らすためには、トレンドラインブレイクを待ってトレードする

2つの例を紹介しましたが、1時間足のトレンドと逆方向のトレードをするなら

トレンドラインブレイクを待つ

ことが大切です。

たとえ、4時間足で売りが入るゾーンに到達したとしても、5分足が反転したとしても

1時間足のトレンドラインをブレイクするのを待ってから、トレードしましょう。

 

2020年1月14日

ユーロ/米ドル

<4時間足チャート>

4時間足 戻り売りゾーン

4時間足は高値を切り下げて、安値を更新。

下降トレンドを形成しています。

戻り売りゾーンは、青枠です。

 

<1時間足チャート>

1時間足トレード画像

1時間足は上昇トレンドで、4時間足の戻り売りゾーンに到達しました。

1時間足の上昇トレンドラインは、赤線です。

トレンドラインをブレイクした後、黄色矢印で売りエントリーします。

 

<5分足チャート>

5分足エントリーのやり方

5分足は上昇していましたが、ネックライン(ちょうど青枠の下線)をブレイクした後、上昇に2回失敗したところで、売りエントリー。

ここならば、1時間足のトレンドライン(赤線)もブレイク済みです。

 

 

トレンドには逆らわない

「トレンドには逆らわない」という格言がありますが

自分がどの時間のトレンドに乗るのか?

どの時間のトレンドでトレードするのか?

を明確にしないことには、トレンドに逆らうことになりかねません。

 

基準とする時間足と、その上位足と下位足のトレンドを把握することで

トレンドに乗った直後に、トレンドが終了して反転

という損切の多くは減らせるはずです。

 

1時間足のトレンドフォローの要は

4時間足のトレンドを認識する

1時間足のトレンドラインを引いておく

この2点です。

 

 

FXの目標について

年が明け、2020年が始まりました。

新年、気持ちを新たに目標を定めた方も多いかと思います。

・「月間〇〇pipsが目標」

・「月利〇%!!達成する」

など・・・

 

が、僕が思う目標に対する注意点があります。

 

FXでは、成果目標をたてないこと

です。

 

社会人をしていると明確な目標が大切だということが身に染みているので、目標をたてる時には、具体的な数値を用いることが多いと思います。

でも、通常の社会生活と投資(投機)は違うと思います。

 

FXにおいて、「月間〇〇pips獲る!」というような具体的な成果目標をたててしまうと

それに基づいて無駄にリスクを背負いトレードすることが多くなります。

たとえば今日が月末の最終日だったとします。

あなたは月間100pipsの目標をたてていますが、現在+80pipsです。

目標達成にはあと20pips足りません。

という状況で、いつもと同じトレードができますか?

目標達成のためには絶対どこかで仕掛けなければなりません。

いつもと同じトレードができますか?

 

FXでは成果目標ではなく、行動目標をたてることが大切です。

自分がどういうトレードをするのか?

トレードルールを守るための行動を目標にします。

(エントリー条件は?1時間足の順張りになっているか?など)

 

FT3(FT4)などで、十分検証を重ねたトレード手法を準備できたのならば、行動目標を守ることで、利益は増やしていけるはずです。

数値が目標になると無駄なリスクをかけてしまいますが

行動(ルール尊守)が目標であれば、常に同じトレードを重ねていくことができます。

 

今年の目標をたてた人も、そうでない人も

一度、自分の行動目標(ルール尊守の方法)を検討してみて下さい。







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.