トレード解説

1時間足のトレードフォロー、勝てるエントリータイミングの探し方

4月6日(金)

米ドル/円

<5分足>

180406 ドル円 5分足本業でチャート監視ができなかったため、エントリー後にOCO注文を入れておきました。

利確の目標値は、1時間足の高値(強い下降が始まったところ)にセットしていましたが、ギリギリ届かずに反転。

下降が始まりました。

 

(このあたりで)チャート監視再開

 

目標値までの値動きは達成したと捉えて、天井からの売り圧が強くなることを警戒し、手動で決済注文。

 

チャートを監視していたら、目標の利確ライン付近への伸びで利確。

もしくは利確ラインへの上ヒゲ陰線の2連で決済していました。

利確+20pips、損切りは-8pipsでセットしていたので、損益比率上も問題ないトレードでした。

 

 

1時間足トレンドフォローでエントリーするタイミングは?

<1時間足>

180406 ドル円 1時間足 波のイメージ1時間足の波のイメージです。

押しが浅く(フィボナッチ50~61.8%までの押しではない)、またダブルトップになる可能性があったので、利を伸ばすよりも、手堅く利確することを考えました。

ダブルトップの左側の山にあたるところは、1時間足ローソクでももみ合っており、天井からの売りが強いと考えました。

 

<4時間足>

180406 ドル円 4時間足上位足の4時間足でも左に抵抗となりそうな高値があります。

デイトレで1時間足のトレードフォローをする場合は、上位足の抵抗や支持が良い利確目標になることが多いです。

 

<再び5分足>

180406 ドル円 5分足 波のイメージ

H1=1時間足(黄波)、M5=5分足(赤波)

H1レベルでは押しが浅いが、M5レベルでは下降が失敗したことが確認できた。

H1:上昇トレンド⇒下がってきたところで 買う。

M5:下降が失敗⇒下がらないから 買う。

上がりそうだから買う と負ける!

『1時間足の波』と『5分足の波』が一致した方向への仕掛け。

 

1時間足のトレンドフォロー、エントリーのタイミングは、5分足の波が反転したところ

が良いと考えられます。

 

 

1時間足トレードフォローのやり方をまとめた記事です↓

事例を多数紹介しています。

トレンドラインブレイク。5分足
5分足エントリーのやり方。1時間足トレンドフォローまとめ!

デイトレードには、1時間足が適しています。 そして、デイトレードならばトレンドフォローがおすすめです。   この記事では、デイトレに最適な、1時間足を使ったトレード手法を紹介します。 &nb ...

続きを見る

 







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.