トレード解説 おすすめ情報

【FXチャート分析】1時間足と5分足を組み合わせて見る

4月9日(月)

日経225ミニ

<5分足>

180409 日経 5分足1時間足の天井圏からの戻り売り。

5分足のラス押し安値(青線)をブレイクした後の試しを見て、ショートエントリー。

損切りを近くに置きすぎて、一旦、カットになり

再度、ショートエントリー。

 

 

180409 日経 1時間足前回高値を超えられない⇒売りを検討

したのだが、実際には、ショート・利確した後に、上昇。

その後に、大きく下落。

仕掛けた場所から、21659円のラインを下にブレイクすると考えたトレードだったが、ブレイクが騙しとなったので、カット。

1時間足のレジサポライン(21755~21659)の間の狭いレンジでのトレードで、利を伸ばすことはできなかった。

 

<5分足 波のイメージ>

180409 日経 5分足 波※画像では黄色波(1時間足の波)は右肩上がりですが、ダブルトップの右側です。

落ちないから上を試す。

上を超えれないから、再び下がる。

 

『違う時間足の波』と『同一時間足の波の大小』

4月9日(月)

米ドル/円

<5分足>

180409 ドル円 5分足 トレード詳細先程の日経225ミニと同じようなトレード。

ラス押し安値をブレイクした後の、試し(上昇を試すが、前回高値のネックラインあたりで反転)を見て、ショートエントリー。

※イメージは、ここから大きく下げる波を見ていた。

 

<1時間足 波のイメージ>

180409 ドル円 1時間足1時間足はダブルトップからの下降の波を認識。

ダブルトップで下降した後

押し目買いからの上昇が阻止され、再び下降するポイント(白枠)でトレード。

 

<5分足 波のイメージ>

180409 ドル円 5分足 トレード考察実際のトレードは、白丸で行ったが、そもそも5分足の小さい波を見すぎていたのかもしれない。

黄色波は、1時間足の大きな波。

赤色波は、5分足の小さな波。

もう一つ、5分足での波が見れる・・・。

 

今の僕が見えてない波

まず、A地点。

5分足レベルでの強い上昇が始まった地点(ライン)

次に、B地点。

5分足の強い上昇が始まった水平線を下にブレイク。(ここで、僕は売って、利確)

最後に、C。

5分足の意識された水平線を下にブレイクした後の、試し。

この試しは、前回高値。赤波のネックライン付近で上昇を阻止した。

(上がらないから下がる)ここから、本格的な下げトレンドが始まった。

 

僕は、黄色と赤色の波は見れていたが、その間の波を意識できていなかった。

この相場では、『その波』が効いていたからこそ、僕が環境認識していた『下げ』を、作ったのだろう。

同一の時間足、5分足でも見方によっては、複数の波を見ることができるし

いろんな波を認識し、複合的に見る力が必要だと思う。

 

上から売って、下で買う

4月11日(水)

日経225ミニ

<5分足>

180411 日経 5分足水平線を使うトレードでも、意識するのは

上で売る

下で買う

トレンドチャンネルも同様。

 

<1時間足>

180411 日経 1時間足ダブルトップからの下落。

ダブルトップ後に、一旦はレジサポラインに支えられて、上昇の押し目を作ろうとしたが

押し目を作り損ねたので、ショートのタイミングを計る。

押し目作りの水平線を下にブレイクした後、下降のトレンドチャンネルを認識できたので、チャンネルの上で売って、下で買った。

 

<4時間足>

180411 日経 4時間足ダブルトップ後の下降とはいえ、まだ安値を更新していないので、長期的な方向は、上昇。

ダブルトップ右側の山を作った押し目(21531あたり)での、上昇を警戒。

 

FT3買いました

FXの検証ツールとして有名な、FOREXのFT3を買いました。

結構高くて(高いと見るか?安いと見るか?)、33,000円ぐらい。

 

FT3は、過去のチャートは再現しながら(デモ)トレードが可能なツールです。

今までは、MT4で、過去にさかのぼり、右側(結果)が見えている状態で、環境認識の練習やトレード考察をしてましたが

右側が見えている状態だと、どうしても、検証が甘くなるというか、結果ありきの考え方になってしまうと思ってました。

 

このFT3なら、ローソク足の出現を1本ずつ再現しながら、(ローソク足の出現速度は調整可能)検証することができるので

チャートの右側が見えない状況、つまりリアルトレードと同じ環境をつくりだせるので

トレード練習には最高のツールだと思います。

 

また、レンジでトレードに適さない箇所は、速度MAXで飛ばしたり、気になる箇所は何度も再生したりすることができるので、実トレードをしながら、待ち時間に練習したり、現実には24時間かかって見るチャートも、1時間で振り返ってみることもできます。

 

ドラゴンボールでいうところの、『精神と時の部屋』みたいな感じ。

(https://blogs.yahoo.co.jp/lcac_jmsdf/36862697.html より引用)

 

このFT3

買う意味があるか?効果があるか?

成果がどう出るかは、今後のリアルトレードの結果方向とともに考察していきます。

めっちゃ効果がでそうな気はするが・・・。

 

⇒『FT3のダウンロードページに移動』







-トレード解説, おすすめ情報

Copyright© 投機屋@しょーへいのFXブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.