トレード解説

FX5分足スキャルピングのコツ!波の反転エントリー!波の反転の定義とは?

以前、1時間足を使ったトレンドフォローのやり方を、図説しました。

【FXの手法を図説】トレンドの定義とトレンドフォローのやり方について

トレードの王道は、順張り。 トレンドフォローです。   デイトレードで、よく使われるのが1時間足です。 1時間足を基準にした順張りトレードのやり方を紹介します。     ...

続きを見る

 

今回は、上の記事で解説した「図」を、実際のチャートと照らし合わせて、トレードのやり方を説明します。

 

紹介した1時間足のトレンドフォローの3手法のうちの一つ

トレンド継続時、カウンタートレンド方向への2回目の試し(ダブル)でエントリーするトレード手法

ついて解説します。

 

 

カウンタートレンド方向への2回目の失敗

トレンドの最後の押し安値(戻り高値)がブレイクされるまで、トレンドは継続します。

相場は、値動きに2回失敗すると、逆方向を試すことが多いです。

 

トレンド継続中、カウンタートレンド方向に2回試したところで、トレンド方向への仕掛けを狙います。

カウンタートレンド方向・・・トレンドと逆方向

トレンドフォロー 2回目の失敗

この値動きは、ラスラインを試すまでに発生することが多いのですが

ラスライン上でも2回目の失敗は使えます。

 

2回目の失敗は、カウンタートレンド方向への2回目を試しているところで仕掛けます。

1時間足で2回目を試しているところで、5分足の反転を確認して仕掛けます。

 

 

カウンタートレンド方向への2回目の失敗

図は、ユーロ/米ドルのチャート。

<1時間足チャート>

上昇トレンド トレンドフォロー

1時間足では上昇トレンドを認識できます。

赤い水平線が上昇トレンドの、最後の押し安値です。

ここがブレイクされるまでトレンドは継続です。

 

そして、最後の押し安値ラインの上の方で、2回目の失敗が発生しています。

1時間足で2回目の試しになっているところで、5分足を見て仕掛けます。

 

<5分足チャート>

最後の戻り高値ブレイク後の試し

1時間足のトレンドフォローにおいて、5分足でエントリーする場合は、5分足の転換を狙います。

青点線の最後の戻り高値をブレイクした後、安値試しが失敗したところで、買いエントリー。

5分足転換パターンの一つ、「ブレイク後の試し」です。

 

左の黄色矢印でエントリー後、5分足の上昇トレンドが形成されました。

5分足の上昇トレンドの最後の押し安値がブレイクされたところで、利確です。

 

 

チャートは人それぞれ違う形に見える

最後の押し安値(戻り高値)の認識については

この5分足チャートにおいても、他のチャートにおいても

どこが押し安値・戻り高値として見るかは、人それぞれ違いがあると思います。

 

定義としては

高値を更新した最後の押し安値

安値を更新した最後の戻り高値

ですが、チャートの見え方は人それぞれ違います。

 

定義、定説、理論 は、自分で考えて、納得して「トレード技術」にまで昇華しないと使い物にならないと思います。

チャートパターンはある程度見る人の目によって変わってくるため、このアプローチはある程度観察者の主観を反映する。

 

たとえば10人のプログラマーがいて、「ヘッド・アンド・ショルダー」の形を認識するプログラムを書くと、おそらく10通りの認識結果が出現する。

 

(テクニカルトレードの解説チャートを前に)あなたならチャートをどう解釈するか、自身で考えてみること。

ジャック・シュワッガーのテクニカル分析より引用

 

FT3(FT4)で繰り返し検証して、自分のトレード手法に見合う「目」を育てることが大切です。

 

 

5分足スキャルピング。ビルドアップのあるブレイク

<1時間足チャート>

上昇トレンド トレンドフォロー

こちらの例も、1時間足の最後の押し安値(赤水平線)の上で

カウンター方向に2回失敗しています。

1時間足で2回目の試しが入ったところで、5分足の反転を確認して仕掛けます。

 

<5分足チャート>

パターンブレイク ボブボルマン

1時間足が上昇トレンド継続中、カウンタートレンド方向に2回目の試しです。

その2回目の試しの箇所を、5分足で見ると

5分足の下降波が、1.1413あたりの青い水平線で支えられて反転しています。

 

5分足の下降波が、1時間足でカウンタートレンド方向に2回試した価格帯で支えられました。

エントリーは、5分足転換パターンの一つ、ビルドアップのあるブレイクです。

※売りと買いがぶつかって、圧力が溜まった先のブレイクアウトを狙います。

 

 

5分足スキャルピング。波の反転

2回目の失敗は、ラスライン(最後の押し安値、最後の戻り高値)以外でも、発生します。

また、2回目の失敗でなく、3回目、4回目の失敗(こうなるとレンジの逆張り)でも使えます。

 

<1時間足チャート>

レンジトレード 下限からのロング

1.4760から1.4860まで、約100pipsのレンジです。

上昇トレンドの最後の押し安値(赤水平線)は、ブレイクされていないので、上昇トレンド継続中です。

 

<5分足チャート>

安値ブレイク後の試し

5分足の反転を確認して仕掛けます。

利確は、右の黄色矢印です。

上昇トレンドが崩れていないのですが、長いレンジの中に、下降トレンドも完成しています。

下降トレンドの最後の戻り高値ラインで利確します。

 

 

1時間足トレンドフォロー注意点!4時間足の抵抗や支持

1時間足トレンドフォローのトレード手法のうち、2回目の失敗を用いるトレードを紹介しました。

トレンドの最後の押し安値(戻り高値)までのプルバックを待たずに仕掛けるので、積極的なトレード手法です。

 

注意点としては、このトレード手法でも、4時間足チャートを確認しておくことです。

4時間足チャートのトレンドはどうなっているのか?

4時間足でトレンドが発生しているなら、どこが最後の押し安値(戻り高値)なのか?

これらの環境認識をせずに、1時間足トレンドフォローはできません。

 

どんなに順調な1時間足の上昇トレンド(緑色)に見えたとしても、4時間足の下降トレンド(黄色)最後の戻り高値に到達しているなら、反転する可能性は十分あります。

 

エントリーの方法、チャートパターンよりも

環境認識こそが、トレード手法の「要」になります。







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.