トレード解説

FX5分足スキャルピング手法。ブレイクアウトの前後を狙う。

以前、1時間足を使ったトレンドフォローのやり方を、図説しました。

【FXの手法を図説】トレンドの定義とトレンドフォローのやり方について

トレードの王道は、順張り。 トレンドフォローです。   デイトレードで、よく使われるのが1時間足です。 1時間足を基準にした順張りトレードのやり方を紹介します。     ...

続きを見る

 

今回は、上の記事で解説した「図」を、実際のチャートと照らし合わせて、トレードのやり方を説明します。

 

紹介した1時間足のトレンドフォローの3手法のうちの一つ

トレンド完成のブレイクスルーでエントリーするトレード手法

ついて解説します。

 

 

トレンド完成のブレイクスルー

トレンドの最後の押し安値(戻り高値)がブレイクされるまで、トレンドは継続します。

トレンドは

高値と安値の切り上げで、上昇トレンドが完成

安値と高値の切り下げで、下降トレンドが完成

となります。

 

トレンドフォロー トレンド継続

トレンド完成のブレイクスルーは

トレンド完成直前(トレンド完成を見込んだブレイクアウト)

トレンド完成直後(トレンド完成直後のフォロースルー)

で、仕掛ける手法です。

 

トレンド完成後、新たなトレンドの完成(極値更新)の他、

トレンドを伴って、重要な節目をブレイクした場合も、ブレイクスルーのトレードを仕掛けます。

 

重要な節目・・・直近のトレンドとは反対方向のトレンドのラスライン、目立つレジサポラインなど。

 

 

トレンド完成のブレイクスルー手法とは

まずは、トレンドが完成した後のトレンドフォローのパターンを紹介します。

 

<1時間足チャート>

1時間足は、下降トレンドです。

※紫の水平線(前回安値)を、下にブレイクしたことで、下降トレンドが完成(継続)しました。

下降トレンド継続の目安となる、最後の戻り高値は、青い水平線です。

下降トレンドの先端、黄色矢印でトレードしています。

 

<5分足チャート>

1時間足が下降トレンド中、5分足で上昇に2回失敗したところ(2回目の失敗)で売りエントリーします。

※紫の水平線をブレイクしたことで、下降トレンドが完成(継続)しました。

トレンド完成直後のフォロースルーです。

他にトレンドフォローを仕掛ける場合は、下降トレンドの最後の戻り高値(青線)までプルバックを待って、5分足の反転で仕掛けるなどがあります。

 

今までは、5分足のエントリーには「ブレイク後の試し」「ビルドアップブレイク」の2つを使っていました。

しかし、トレンドを伴うブレイクスルーに限り、5分足の「2回目の失敗」をエントリーサインに使います。

 

 

節目ブレイク後は、スキャルピングのチャンス

先程のトレードと同様のパターンを紹介します。

 

<1時間足チャート>

紫の水平線に注目して下さい。

現在地を、左の黄色矢印とした場合、1時間足は下降トレンドであり、レジサポラインをブレイクしています。

レジサポラインをブレイクしたことで、下降トレンドは安値と高値を切り下げて、下降トレンドが完成(継続)しました。

 

<5分足チャート>

節目をブレイクした後、5分足レベルで、上昇に2回失敗している価格帯があります。

2回目の失敗です。

ここで売りエントリー。

 

2回目の失敗について

5分足のエントリーセットアップとしての「2回目の失敗」について。

 1時間足がトレンドで、何らかの節目をブレイクした後であることが前提条件です。

※何らかの節目をブレイク=トレンド完成になることもあります。

※従来のトレンドのラスライン(最後の押し安値・戻り高値)をブレイクした直後も、ブレイクスルー手法が使えます。

注意:ラスラインブレイクの波は、トレンドが認識できる高値・安値の切り上げ(切り下げ)がなくても、ブレイクスルーを狙います。

 

セットアップについて

①(2回目の失敗の反転箇所に)水平線が引けることが望ましい。

②セットアップを構成するローソク足は、重なりが少ないこと。

※特に反転を判断する「反転足」。

③2回目の失敗を構成するローソク足(5分足の波)は、トレンドを認識できるような大きなプルバックではないことが好ましい。

※5分足でトレンド認識できるサイズのプルバックの場合は、トレンドのラスラインからの反撃に合うことが多い。

のようなポイントを見るようにしています。

 

 

トレンド相場のペナントやフラッグは継続方向に仕掛けるチャンス

次は、トレンド完成後の他のエントリー方法を紹介します。

 

<1時間足チャート>

1時間足は上昇トレンドです。(赤線が最後の押し安値)

青い枠は、上位足である4時間足の最後の戻り高値です。

上位足の下降トレンド、最後の戻り高値をブレイクしたことで、上昇トレンドはより強いものとなりました。

節目ブレイク直後は、トレンドフォローのチャンスです。

 

<5分足チャート>

節目ブレイク後、圧力を溜め込んでいます。

(青い切り下げライン箇所)

売りと買いがぶつかって圧力が溜まっている状態なので、ブレイクアウトで仕掛けることができます。

 

左の黄色矢印で、買いエントリー。

右の黄色矢印で、利確。(先週足の高値ラインに到達)

トレンド相場の「ペナント」や「フラッグ」は、ブレイクアウトで継続方向に仕掛ける良いセットアップになります。

これらは、ブレイクアウト手法でよく使われるセットアップです。

※僕は、ブレイクしない側に水平線の抵抗(支持)線が引けるかどうかをエントリー条件にしています。

 

 

トレンド完成のブレイクアウトで仕掛けるトレード

今までは、トレンド完成後に追いかけるトレードを紹介しました。

今度は、トレンドを形成するブレイクアウト。

トレンド完成前に仕掛けるパターンを紹介します。

 

<1時間足チャート>

1時間足が下降トレンドから、上昇トレンドに転換しています。

1時間足下降トレンドの最後の戻り高値が、下の青線。

4時間足下降トレンドの最後の戻り高値が、上の青線です。

 

<5分足チャート>

下の青線をブレイクしたら、上昇トレンドが完成します。

(安値は、切り上げ済み。高値の切り上げで、上昇トレンド完成)

 

これも、圧力が溜まった先のブレイクアウトを狙います。

何度か、下の青線を試した後、最後は揉み合いをブレイクアウトしたところで、買いエントリー。

 

利確は、上の青線(4時間足の下降トレンドの最後の戻り高値)です。

 

 

エントリーパターンよりも、環境認識が大事

<4時間足チャート>

4時間足は下降トレンドです。

青い枠が、最後の戻り高値。

 

<1時間足チャート>

1時間足は上昇トレンドです。

1時間足の上昇トレンドに逆らう、売りエントリーをしていますが

上位足の4時間足のトレンドフォローになっています。

 

<5分足チャート>

4時間足の最後の戻り高値に到達してからの下落。

1時間足の上昇トレンドライン、最後の押し安値ライン付近で揉み合った後、下にブレイクしました。

圧力が溜まっているので、ブレイクアウトで売りエントリーします。

 

デイトレードは4時間足の節目に注意する

<1時間足チャート>

1時間足は上昇トレンドですが、4時間足は下降トレンドです。

4時間足の最後の戻り高値(重要な節目)は、青枠です。

1時間足の上昇トレンドのフォローは「買い」ですが、すぐ上に上位足の売りゾーンがある状態です。

 

<5分足チャート>

1時間足の上昇トレンドフォロー。

高値更新で上昇トレンドが確定した直後、2回目の失敗で買いエントリー。

 

環境認識から、上位足の売りが入ることが考えられるので、4時間足の売りゾーン突入後は、早々に利確します。

 

4時間足に逆らう方向にトレードするのが悪いのではなく

自分が何をしているのか?

どういう考えでトレードしているのか?

が分かっていないのが悪いのです。

 

この場合は、4時間足の売りゾーンまで値幅があったこと。

前回、4時間足の売りゾーンに到達した後の下落が、安値を更新しておらず切り上げていること。

(売り圧力が弱まってきているのかも)

から、短期的な買いを選択しました。

 

エントリーパターンだけでトレード手法を作り上げるのではなく

環境認識を含めたトレード手法を構築することが大切です。

 

エントリーパターンは環境認識より劣る

<1時間足チャート>

1時間足は、上昇トレンド。

4時間足は、下降トレンドです。

4時間足の最後の戻り高値(売りゾーン)が、青枠です。

現在(黄色矢印)、ちょうど上位足の売りゾーンに到達したところです。

 

<5分足チャート>

高値を更新したことで、上昇トレンド完成(継続)した青、2回目の失敗が形成されたので買いエントリーしました。

しかし、青枠の4時間足の売りゾーンの抵抗にあい、下落しています。

 

1時間足のトレンドは、4時間足の節目で転換することが多いのです。

 

 

常にトレンドフォローを考える

トレンドフォローするなら、トレンドが何らかの節目をブレイクしたところを狙います。

 

<1時間足チャート>

1時間足の上昇トレンド(ラスライン赤)

1時間足の下降トレンド(ラスライン青)

がぶつかっている相場です。

 

下降トレンドが、上昇トレンドの節目をブレイクした後、ブレイクした節目でトレードすることが多くなります。

 

 

<5分足チャート>

今まで支持線だった赤線が、抵抗線になっています。

赤線に対して、5分足の上昇波に注目します。

5分足の最後の押し安値(赤点線)をブレイクした後の試しが反転しました。

 

なぜ今まで支持線だったところが抵抗線の働きをするのか?

なぜ、支持線を下にブレイクした後、再び支持線の上に行けないと下落がスピードアップするのか?

相場の値動きは大勢の人が作りだしています。

 

チャートパターンには理由があります。

 

ローソク足が作るパターンを「形」だけで捉えるのではなく、その形を作る「理由」も考えるようにすると、よりよいトレード手法に洗練されていくと思います。







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-トレード解説

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.