FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

『ブレイク後の試し』は水平線以外で失敗することもある

calendar

reload

スポンサーリンク

水平線以外のどこを試すか?

12月20日(木)

米ドル/円

<4時間足>

20181220 米ドル円 4時間足

三角持ち合いの中は方向感のない相場だと考えてます。

三角持ち合い下限(白線)に加え、水平線のサポート(黄色線)もあります。

 

<1時間足>

20181220 米ドル円 1時間足

三角持ち合い下限、黄色サポート線をブレイクしました。(1時間足のローソク実体で)

揉み合いブレイクではなかったので、ブレイク後の試しが失敗したところで、戻り売りを狙おうと思ってました。

 

よくあるパターンとしては

①ラインブレイク⇒②ブレイクしたライン付近(この場合は黄色水平線)を試して失敗⇒③ブレイク方向に伸びていく

という形ですが、いつもブレイクしたラインでこのようなプライスアクションが起きるわけではないです。(だから見逃すことがあるのですが)

 

<15分足>

20181220 米ドル円 15分足

ラインブレイク後に、買い手の反撃として、ラインだけでなく、ライン以外はどこを試すか?を考えます。

(※この場合、買い手の反撃が成功した場合は、当然売りを見送ります。)

1時間足を見ると、112.6556あたりに売り手の防衛ラインがあります。買い手はここを超えない限り、厳しい状態が続くと考えられます。

 

<5分足>

20181220 米ドル円 5分足

ダブルトップの右側で逆張り気味に入るか?ダブルトップが成立してから入るか?

エントリーパターン、タイミングは考え方次第で、どこでもよいと思うが、大事なのは、上位足からトレードシナリオを構築していることじゃないかと。

 

テクニカル的な試しでエントリーする

12月20日(木)

ユーロ/米ドル

<4時間足>

20181220 ユーロ米ドル 4時間足

三角持ち合い上限を上抜け。ラス戻り高値(青線)もブレイク済み。上目線になります。

 

<1時間足>

20181220 ユーロ米ドル 1時間足

4時間足が上目線。押し目買いを狙うことを考えます。

どこで押し目買いが入るか?

買う人は、何を根拠にするか?

テクニカル的に上昇の足場となるブロックやN字を探します。

 

<15分足>

20181220 ユーロ米ドル 15分足

赤枠が、上昇トレンドにおける押し目買い候補。短期的(5分~15分足)に大きな下落があったとしても、長期的(1時間足~)に見れば、絶好の買いとなることは多いと思います。

 

<5分足>

20181220 ユーロ米ドル 5分足

揉み合いブレイク や ブレイク後の試し など

エントリーのタイミングをとるセットアップは、最後の最後で使う(見る)ようにしてます。

エントリーパターンよりも環境認識のほうが重要で、先にセットアップ探しから始めると、環境認識のない不安定なトレード結果に繋がるからです。

 

テクニカル的なサイン

12月21日(金)

日経225

<4時間足>

20181221 日経225 4時間足

下降トレンドなので、戻り売り狙い。

 

<1時間足>

20181221 日経225 1時間足

基準として見ている1時間足で、過去から引けるサポートも(ローソク実体で)ブレイク。戻り売りのタイミングを探します。

 

<15分足>

20181221 日経225 15分足

青枠が戻り売り候補と考えているゾーン。

※この枠に到達したら、即売り、ではない。この枠付近のプライスアクションを見て判断する。

環境認識だけではなく、環境認識とテクニカル的なサインを組み合わせてトレードするように心がけています。

 

<5分足>

20181221 日経225 5分足

環境認識から、戻り売りを選択。

15分足で見た戻り売りゾーンのプライスアクションに注目します。

テクニカル的なサインとして、切り上げライン(黄色線)ブレイク。

さらに高値切り下げ(青丸)、ブレイク前の揉み合い。と、セットアップが整っていきます。

※切り上げラインをブレイクしたら、即エントリーでは、無駄な損失を重ねるだけ。

 

これらのテクニカル的思考に、大衆心理を組み合わせて、相場分析し、トレードできるようになれば、成績も大きく飛躍すると思うのですが・・・。

 

続きは2019年!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)