FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

エントリーセットアップ『ブレイク後の試し』と『揉み合いブレイク』

calendar

reload

スポンサーリンク

ブレイク後の試し

12月17日(月)

日経225

<4時間足>

20181217 日経225ミニ 4時間足

売りが強く、下落してきましたが、足元は、20966円あたりにサポートラインがあるので、4時間足のダブルボトムとなる可能性を考えていました。

長期足で何度もサポートされている水平線なので、底固いと。

 

<1時間足>

20181217 日経225ミニ 1時間足

基準として見ている1時間足では、21465円のレジサポラインが意識されていることが分かります。

この21465円の水平線のプライスアクションを見ます。(ラインタッチ、反転で即売買することはしません。)

 

<15分足>

20181217 日経225ミニ 15分足

21465円の水平線。上昇してきたローソク足が天井圏を形成しました。

 

<5分足>

20181217 日経225ミニ 5分足

ブレイク後の試し(上昇)が失敗したところで、ショート。上位足でも売りが強いことは認識できています。

※このような相場では、ブレイク後の試しが2回失敗するのを待った方がよい。黄色のラス押し安値のライン、天井圏から一気にブレイクしており、ブレイク後の試しを跳ね返すテクニカル的なモノが見当たらない。(ただライン上という理由だけでは売買しない)

 

また、上位足の押し目買いを警戒するのは、かなり下の位置なので、エントリー後は、ダウ理論転換まで保有したほうがよいと思います。

 

揉み合いブレイク

12月18日(火)

米ドル/円

<日足>

20181218 米ドル円 日足

長期的な三角持ち合い。日足のラインなので、4時間足以下のローソク足で見た場合に、ライン上でピタッと反応することはない。(ヒゲだけブレイクするなど、ズレるので要注意!!)

また、三角持ち合い相場は、買い手も売り手も慎重になっているので、利をしっかり伸ばすのではなく、目標値で確実に決済していくようにします。

 

<4時間足>

20181218 米ドル円 4時間足

ライン上限から一気に下落。やはり、売りは値が動くスピードが速いと思います。

強烈な下落なので、戻り売りを狙うことを考えます。

 

<1時間足>

20181218 米ドル円 1時間足

三角持ち合い下限、押し目買い候補に到達しました。

買いのチャンスではあるが、強烈な下落があるので、買いの失敗を待つ。(戻り売りするために)

※チャンスはピンチ(ピンチはチャンス)になる。(押し目買いが入りそうだが、押し目買いが失敗したら、売り手の利益になる。)

 

<15分足>

20181218 米ドル円 15分足

1時間足の押し目買い候補ライン(赤線)のプライスアクションを見てから、判断する。局地的に見れば、買い手のチャンスではありますが・・・。

 

<5分足>

20181218 米ドル円 5分足

押し目買い候補ラインにて、徐々に売り手の圧力が高まり(黄色アーチの値動き)、揉み合いブレイク。

ブレイク前の揉み合いが黄色枠です。

112.4635円に通るラインは、三角持ち合い下限のライン。上位足の環境認識からは、目標値までのトレードと決めているので、ここをブレイク後は手堅く利確します。

青〇左でエントリーした後、プルバックを待って、値が伸びたところで利確。ここは、三角持ち合い下限ラインだけでなく、4時間足、1時間足で確認できるサポートラインです。

 

<5分足 その後>

20181218 米ドル円 5分足 その後

常にダウ理論転換まで保有するのが正解ではないし、常に目標値でカットするのが正解でもないですが、大事なのは、自分のトレード手法を固めて

常に同じことをする

ことだと思います。

常に同じことをした結果、勝ててるなら、やり方を継続する。

常に同じことをした結果、負けてるなら、やり方を変える必要がある。

1つ1つのトレードが大事な検証結果となり、試行回数が増えるほど、自分のトレード手法が信頼できるようになると思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)