『P2』2回目の成功(ブレイクアウト第2波)

5分足トレードのエントリーに使える反転ポイント

11月30日(木)

米ドル/円

<5分足>

171130 ドル円 P2 5分足トレード

エントリー根拠

◎パターンラインと、下降を食い止めている支持線を認識。

 25EMA付近にテクニカル的な支持となるクラスターも認識(黄色枠)

◎パターンラインを上ブレイクするが、ビルドアップが不十分と判断。

 スクイーズなどがないまま、唐突に上昇ブレイクしたので見送る。

◎その後、反転の要素を全て満たしたので、パターンブレイクプルバックで仕掛ける。

 

左丸:ロング

右丸:利確

結果:+25.7pips(+7,710円)

171130決済明細

 

 

5分足ブレイクアウト手法のエントリーポイントについて

あるパターンをブレイクした値動きが、再び、パターンライン上に戻ってくることは、よくあります。

でも

パターンライン上(延長線)に戻ってきたから、反転を期待して、ブレイク方向に仕掛ける

パターンライン上(延長戦)に戻ってきたから、反転したから、ブレイク方向に仕掛ける

これをやっても、トータルで勝つことはありません。

 

 

ブレイクアウトの第2波トレードを高勝率な仕掛けにするためには

パターンラインでローソク足が反転したとしても

その反転が信頼できるかどうか

を見極めることが大切です。

 

第2波を仕掛けるポイント

ブレイクアウトの第1波がパターンラインの延長線上に戻ってきた時に

◎25EMAを試しているか?

◎テクニカル的な試しがあるか?

◎キリの良い数字を試しているか?

この3つをチェックします。

 

 

5分足トレード エントリー前の3つのチェックポイント

冒頭のトレード画面に戻ると

171130 ドル円 P2 5分足トレードブレイクアウトの第1波がパターンライン(白い斜線)の延長線上に戻ってきたときに

①25EMAを試している

⇒ローソク足が25EMA(赤線)をタッチ

②テクニカル的な試し

⇒黄色枠のクラスター(ローソク足の塊。横に重なっている)が下降を食い止めて、反転上昇している

③キリの良い数字の試し

⇒112.000を試している。

 

ことから、この相場では、ブレイクアウトの第2波を仕掛けました。

※ブレイクアウト第1波で仕掛けなかったのは、パターンラインと下降を食い止めている水平線(白線)の間で、ローソク足のビルドアップが不十分で、いきなりブレイクしたので見送った。

※パターンラインと25EMAを同時にブレイクしているので、仕掛けてもよかった。

 

3要素(25EMA、テクニカル、キリの良い数字)を全て満たしていることが、理想ですが

ボルマンの「5分足スキャルピング」に記載されているように

25EMAとテクニカルの試し

があれば仕掛けるようにしています。

※テクニカルの試しに使っている、クラスター(ローソク足の塊)は、仕掛ける方向にある場合には、強い抵抗や支持となるので、注意が必要です。

 

また、注意点があります。

パターンラインの延長線 と テクニカルの試し を混同しないこと。

ついついパターンライン上で反転すると仕掛けてしまいがちですが、そこにテクニカル的な試し(クラスターによる反転)がなければ、仕掛けは見送った方が良いです。

※パターンライン上でちょっとだけ反転して騙される(損切りをくらう)ことも、本当に多かったです。

※パターンラインの延長線にクラスターが形成されている場合には、パターンライン上での反発で仕掛けます。

※水平線のパターンラインの場合には、パターンラインの延長線上にはならずに、パターンラインの内側にできたクラスターで反転して、再びパターンラインをブレイクしてトレンド方向に進むことがある。

 

多くの反転は25EMA上で起きます。

ボルマンの本にも書いてあったが、チャートを見てると、こうなることが多いから

25EMAに特別な力があるようにも見えてしまう

が、反転する理由・根拠を、プライスアクションに基づいて見つけることが大事です。

 

5分足トレードの利確は、上位足の抵抗や支持を使う

5分足で仕掛けてから、利確に4時間足の上値抵抗線を使ったが

利確後に、上値抵抗線をブレイクして上昇していった。

(利確は112.300。その後、112.500付近まで上昇。)

※僕のトレードシステムでは、利確20pips・損切り10pipsのバランスが取れていれば、十分勝てるから、これでよい。

 

1時間足で25EMAと離れた反転からの仕掛けだが、上昇方向に、抵抗となるクラスターがなかったので仕掛けた。

<1時間足>

171130 ドル円 P2 1時間足

 

<4時間足>

171130 ドル円 P2 4時間足FXを始めて3年・・・

ようやく自分のやり方が固まってきて、トレードが安定してきたように感じます。

 

利確のやり方に関しては、まだ検証が必要ですが

資金管理・仕掛け・損切り は、今のままでよいと思います。

メンタルに関しては、もともと感情の起伏がないというか、冷たい人間というか、感情的にならない、一般的にはマイナス(になることが多い)なことが、プラスに働いている。







FX勝ち組への三種の神器

FT4(フォレックステスター4)

FXで勝つためには、まず、自分のトレード手法が通用するかを調べます。

でも、実際に調べようとしたら、多くの資金と膨大な時間が必要になります。

(まず、ここで90%が退場します。)

しかし、FT4なら、過去のチャートを再現することができるので、お金と時間を無駄にしません。

(10年かかる検証も、数ヵ月に短縮。)

10年後に勝てるようになるなら、数か月後に勝てるようになります。

FXで勝ち組になるために絶対必要なアイテムです!

5分足スキャルピング

ボブ・ボルマン著

プライスアクションの原理原則を、分かりやすく解説している本です。

FXの基礎を学ぶのに最適な1冊。

また、トレード手法、エントリーパターンもチャート解説付きで、多くの事例が紹介されています。

5分足でトレードするなら、必ず読んでおいたほうがいい本です。

FX初心者にもおすすめできるアイテムです!

 

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックス著

ローソク足の1本1本に着目し、プライスアクションの原則を細かく解説したものです。

ネットでも評判ですが、非常に難解な本です。

1度読んで終わりではなく、理解できるまで何度も読み返して下さい。

この本に記載されていることが理解できた時には、勝ち組トレーダーの仲間入りをしているはずです。

-『P2』2回目の成功(ブレイクアウト第2波)

Copyright© 投機屋@しょうへいのFXブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.