FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

【ボブ・ボルマン】FX5分足スキャルピングのやり方

calendar

reload

ボブボルマン 5分足スキャルピング1

2017年9月、今の自分のトレード手法は

アル・ブルックスの「プライスアクショントレード入門」

ボブ・ボルマンの「5分足スキャルピング」

バン・K・タープ博士「新版 魔術師たちの心理学」

この3冊の影響を大きく受けている。



中でも、ボブ・ボルマンの「5分足スキャルピング」は、仕掛けのパターン(セットアップ)が分かりやすく記載されていて(その前に、難解なアル・ブルックスの本を読んでいた)、自分のトレード手法の、「P1」「P2」は、本に書かれている内容をそのまま使っている。

 

スポンサーリンク

優れたトレーダーの手法と自分の経験を融合させる

自分の経験上(FXを始めた2015年~2016年は、ひたすら5分足で負け続けた)、5分足のトレードは避けるようにしており

ボルマンの5分足スキャルピングでも、僕は、15分足を使うようにしている。(5分足トレードもするが)

※ボルマンの本にも書かれているが、どの時間足でも、この手法は使える!!

 

また、他の記事にも書いているが、15分足で、25EMAと200EMAを見れば、そうそうおかしなトレードはしないようになる。

⇒参考記事:FXのトレードは200EMAより「上ならロング」「下ならショート」を考える

⇒参考記事:FXは25EMAとローソク足でトレードする

 

5分足を使わずに、15分足を使うことで、より相場の方向性を理解しやすいメリットはあるが

デメリットとしては、セットアップ(トレードする根拠)の発見のしやすさ。

5分足なら見えるのに、15分足なら見えないことがある。

※決して、15分足で発見できるセットアップが極端に少ないわけではない。メ15分足のメリットとして、5分足で形成された、長期足のトレンドに反するセットアップを見送れることなどがある。

それらをトータルして、僕は、15分足を使ったほうが『勝てる』と考えている。

これは、上位足と下位足を使う上で、絶対に起こりうることである。

 

だから、自分の経験優れたトレーダーの手法を組み合わせて

◎15分足でトレンドが発生している時

◎15分足で一25EMAと離れている時

に、5分足スキャルピングを導入することにした。

 

5分足スキャルピングを使う相場

9月15日(金) 米ドル/円

7時に北朝鮮のミサイルから、有事の円買いが起こり、一気に円高に進行。

その後、元の価格水準に戻り、さらに円安方向に動いた。

 

【米ドル/円 15分足チャート】

9月15日 ドル円 15分足チャート

(白丸は北朝鮮がミサイルを発射したことによる値動き)

注目すべきは、15分足の、四角の点線箇所。

25EMA(赤線)よりもローソク足が上に位置しているときに、ロングを仕掛けたいが、25EMAとローソク足が離れており、セットアップも見えない。

 

 

9月15日 ドル円 15分足チャート分析チャートの①と②でプルバック(横の調整)が入っているが、自分のトレード手法に適合するセットアップはない。

また、良いトレードは25EMAとローソク足が近い(接してる)のに対して、この相場は、離れている。

(25EMAはマグネット効果があり、仕掛けの位置が離れているほど、初期リスクが高くなりがち)

 

 

5分足スキャルピングのやり方

この①と②。

15分足では仕掛けるタイミングが全く見えないが、このように15分足での一方的な方向に進む強いトレンド相場の時には、5分足で見てみると・・・

9月15日 ドル円 5分足チャート分析5分足なら、ローソク足と25EMA(赤線)が近い位置にあり、仕掛けのタイミングが掴めそう。

(マグネットの25EMAとローソク足が近いから、初期リスクも抑えられる。)

 

①と②を見て、自分のトレード手法に適合するセットアップを探すと

②で「P1」が使えることが分かる。

(※リアルタイムでは、15分足だけ見て、(25EMAと離れてるし)『あー、チャンスないなー』と思ってました。)

 

②を拡大

9月15日 ドル円 5分足セットアップ

セットアップ解説

①パターンライン(黄色線)と25EMA(赤線)の間でローソク足が圧縮され(スクイーズ)

②ローソク足は、白線の水平線にも支えられている。

③ブレイクアウト前に、十分な圧力がたまっている(スクイーズが出ているから)

④パターンライン(黄色線)のブレイクアウト強力なコンビであるはらみ足。(点線黄色丸)

から

ブレイクアウトの第1波を狙える。

 

リスクリワードを考える

初期リスクとしての損切りは、支えられている水平線(白線)の少し下

※なぜ少し下にするか・・・支えられている線は、試すことがあるから。よくあるのが、ヒゲで狩られて、狩られた後に、思惑通りの方向に動く。

 

利確の想定は、前回の高値(極値は試されることが多い。損切りも同様。)

(チャート中央より左にある、上ヒゲの高値です)

9月15日 ドル円 15分足チャート分析

この、初期損切りの位置、利確目標の位置、ならリスクリワードの観点からも、良いトレードとなる。

 

次回、15分足で強いトレンド相場が発生した時には、しっかりと5分足をチェックして、仕掛けのタイミングを逃さないようにしたい。

⇒トレード手法に関しては、こちらのページに記載してます。

 

今回紹介した、ブレイクアウトの第1波への仕掛けは、下のリンクにまとめてます。

⇒「P1」ブレイクアウトの第1波トレードの記事。

 

(第1波よりも仕掛けることが多い)ブレイクアウトの第2波への仕掛けは、下のリンクにまとめてます。

⇒「P2」ブレイクアウトの第2波トレードの記事。

 

ボルマンのトレード手法を15分足で使う

冒頭にあるように、僕の経験上、5分足は限定的にトレードしており、メインは15分足でトレードしている。

ボブ・ボルマンのパターンブレイク手法を、15分足に応用した事例(実績)を紹介します。

 

パターンブレイク(P1) ブレイクアウトの第1波の仕掛け

2017年11月9日 ポンド/ドル

171109 ポンドドル 15分足 騙しの反転からのブレイクトレード結果:+20.0pips

参考記事:『パターンラインと25EMAの同時ブレイクは高勝率な仕掛け』

 

2017年11月7日 ユーロ/ドル

171107 ユーロドル P1 15分足トレード結果:+12.9pips

参考記事:『15分足トレードの含み益は、1時間足で利確する(といいかも)』

 

2017年11月2日 ドル/円

171102 ドル円 パターンブレイクの失敗 15分足結果:+24.6pips

参考記事:『『ピンチはチャンス』失望が為替相場を動かす!』

 

パターンブレイクプルバック(P2) ブレイクアウト第2波の仕掛け

2017年10月18日 ユーロ/ドル

ユーロ米ドル P2結果:+23.8pips

参考記事:『【FXブレイクアウト手法】パターンブレイクプルバック』

 

僕なりのトレード手法の分類は、2017年10月の途中からなので、この記事に記載している15分足トレードの事例は少ないのですが、2017年10月以降の記事を見て頂ければ、P1もしくはP2のトレード方法に該当する事例を記載しております。(敗戦も含めて!!)

⇒トレード手法『P1(ブレイクアウトの第1波)』の記事一覧はこちら。

⇒トレード手法『P2(2回目の成功。ブレイクアウトの第2波)』の記事一覧はこちら。

 

敗戦したトレードからは、このP1、P2のセットアップが形成されても避けるべき条件等を検証して、よりよい裁量トレードを追求してます。(現在進行形で改良は続けてます)

 

 

これらのトレード手法は、ボブボルマンの5分足スキャルピングに記載されていることを使ってます。

 

はたしてボルマンのトレード手法で勝てるのか?!

この記事は、当ブログで一番よく見て頂いてます。(2018年3月時点)

僕の聖杯でもあった、ボルマンのパターンブレイクトレード。

僕は、このトレードの真意を理解しないまま、パターン(形)だけを求めてトレードした結果

負けました。

(この記事を書いたのが2017年9月)

 

そして、チャートパターン(形)だけでのトレード手法が信じられなくなり

このトレード手法を捨てることになりました。

 

自分を強くできるのは、自分だけ

人からの教えで成長できないなら、とことん自分自身と向き合ってみる。

最強の検証ツールです。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)