FOXのFXブログ

兼業トレーダーの全トレード記録

FXのトレードは200EMAより『上ならロング』『下ならショート』を考える

calendar

reload

FXトレードのエントリー時には、そのトレードが

順張りなのか?

逆張りなのか?

を理解しておく必要があります。

順張りか逆張りかの判断基準(判断する指標)として、『200EMA』が使えます。

長期の移動平均線である200EMAを見ることは、上位足の方向性を確認することと同様のメリットがあります。

(15分足で順張りトレードしていても、上位足の1時間足だと逆張りになっているなど)

スポンサーリンク

200EMAと相場の方向性

まずは、こちらの時間足、通貨ペアの違うチャートを見て下さい。

チャート内の青線が、200EMAです。

※スマホアプリで200EMAを表示できるのは、DMMとFOREXです。参考画像は、DMMのアプリです。

よく使っているアプリはGMOですが、これは200EMAが表示できません。メイン口座のSBIはチャートに線を書きこむことも、200EMAも表示できないので、売買以外では使ってません。

200EMAで相場の方向性が転換する場合

ユーロ/米ドルの4時間足

200EMA下降から上昇転換

チャート左側は、青色の200EMAにより上昇を抑えられていますが、3月10日からの上昇ブレイクにより、今度は、下降を200EMAが支えて上昇していきました。

豪ドル/米ドルの1時間足

200EMA下降から上昇転換

上記の例と同じく、チャート中央部で200EMAのブレイクにて相場の方向性が転換してます。

米ドル/円の4時間足

200EMA 下降から上昇転換

200EMA(青色)より下なら下降相場だから、ショートを狙う。

200EMA(青色)より上なら上昇相場だから、ロングを狙う。

というトレードが成功しやすそうです。

200EMAが抵抗線から支持線に変わっているのが、わかります。

市場参加者は様々な観点(手法)でトレードしていますが、共通するテクニカル指標として、200EMAが使われている(見られている)と考えられそうです。

200EMAが相場の方向性を維持(上昇)

ユーロ/米ドルの1時間足(先程の3月10日以降の上昇相場です)

200EMA 上昇から上昇

この相場においては、常に200EMAよりローソクが上に位置しており、3月15日あたりに下降してきたローソクも支えて、反転。さらなる上昇を生み出しました。

相場の方向性を維持(下降)

200EMA下降

今度は、200EMAよりローソクが下。下降相場にて、一時上昇を試みるも押し返される。

そして、200EMAの圧力で、さらに下降していきました。

橙色の移動平均線、25EMAを上にブレイクしたあたりは、これから上昇しそうに見えますが、200EMAを表示することで、ローソクが200EMAの抵抗を受けていることが分かります。

これらの事例からも

200EMAとローソク足の位置関係を見ることにより、相場の方向性を判断することができると言えます。

※200EMAより上なら絶対ロング、下なら絶対ショートしかしない、ということではありません。あくまで、長期的な方向性を判断する材料であり、200EMA自体をエントリーする根拠にしない。

※200EMAが必ずローソクを反転させるわけではないので、EMAタッチしたら反転エントリーはしないで下さい。方向性を見るだけ!!

※トレンドはいつか終わる。

※200EMAもいつかブレイクされる。

↑の注意事項ですが、1年前に、『EMAにローソク足がタッチしたら反転トレード』をした結果、ボロ負けした僕が言うので、間違いないです。

(その時は、20EMAでやりましたが。)

『20日(はつか)ブレイクッ!!』

って言って、負け続けてました。

今となっては、なんであんな負け続けた手法を盲信していたのか・・・。

(※有名なタートルズの20日ブレイクとは違います。20SMAをローソク足がブレイクしたら、ブレイク方向へ仕掛けるというもの。)

200EMA基準での逆張りトレードについて

3月24日(金)の米ドル円

200EMAよりもローソク足が下に位置している相場です。

トレンドラインブレイクの第2波 トレンドラインの支えもある

ブレイクアウトの第2波を狙うトレード。

※朝チャートを見れずに見逃したトレードです。

上値抑えのトレンドラインをブレイクした第2波。且つ、下値支えのトレンドラインにも支えられている形であり、非常に信頼度の高い、ロングポイント。(白丸)

200EMAよりも下に位置しているが、下降トレンドをブレイクした第2波であること。さらに、上昇トレンドラインの支えがあることから、ロングしてもよいと考えられますが・・・。

10時過ぎにチャートを見た時には『あーーっ、逃した』と思いましたが、これが兼業の当然のデメリット、しょうがない。

その後・・・

上昇セットアップ 2つ目

さらに、上昇ロングのセットアップが発生しました。

今度は水平線ブレイクの第2波のセットアップ。

しかし、上昇ロングのセットアップ第1弾を見逃していること。

⇒前のセットアップでポジションを保有できていれば、見るだけで済むが、前よりも高い位置の買いセットアップでロングを入れるのは、当然リスクが高くなっている。

さらに、ここで、買い推奨ポイント(個人的な)と200EMAの位置関係を確認すると・・・

200EMAとの位置関係 2

チャートの青線が、200EMA。

白が、(朝チャートが見れずに)見逃したところ。

黄色が、リスクが高くなっている、第2の買いポイント。

白は、まだ200EMAと距離がある。(上昇する余白がある)

黄色は、まさに200EMAでもみ合っているところ。(少し前に、第1の買いポイントから上昇ブレイクしたが、抑えこまれて・・・)

200EMAとの位置関係で判断すると、黄色の買いポイントは様子見したほうが良いと判断できる。(リスクが高いから。)

ロングを入れるのは、今もみ合っている200EMAを完全に抜けた後。新しい上昇セットアップができた時にリスク管理をして、トレードするべきだろう。

この後・・・

200EMAをブレイクするのは難しい

上を目指すも、200EMAを抜けきれず・・・

200EMAとの位置関係

最終的には、建値を下回る結果となりました。

このことから、200EMAとの位置関係において、逆張りになる場合は、短期的に勝負可能だが、200EMAを抜けるのは難しいといえる。

200EMAと距離(余白)があれば、リスクは低いが、200EMAともみ合っている位置は、リスクが高まると考えられる。

200EMAと絡んだセットアップは見送る。200EMA付近ではエントリーしない。

200EMAから相場の長期的な方向性を見ることができる。

そして、200EMAをブレイクするのは難しいこともわかる。

だから、このように、200EMA付近でのセットアップは見送るようにしよう。

×2だが、200EMAの抵抗あり

左丸:ショート

右丸:損切り

下降相場(25EMA目線)で上昇に2回失敗したので、ショートしたが、200EMAと絡んだ値動きであり、相場の方向性が定まっていなかった。

200EMA付近にローソクがあるということは、相場の方向性が定まっていないことが多いと思う。

(上昇相場の継続?上昇から下降へ転換?逆もしかり・・・)

だから、25EMAへ軸とした15分足のセットアップは、15分足の200EMAという大きな節目では、見送ったほうが良いだろう。

その他(ドル円以外の通貨ペアに関して)

保証金の関係から、ドル円しかトレードしていませんが

このブログで度々紹介しているトレード手法。

2回目の成功 と 2回目の失敗 に関しては、どの通貨ペアでも使えます。

ユーロ/米ドル

ユーロドルでも同様のプライスアクションを使う

黄色の枠は、騙しのブレイク。

ブレイクアウトの2回目を狙うことを考えていると、1回目の騙しを避けることができます。

これは、上昇トレンドラインを下にブレイク(下ヒゲ連続)した後の、2回目の下降ブレイクを狙えます。(黄色の騙しの反転も使える)

トレード手法:2回目の成功(ブレイクアウトの第2波)

※ユーロ/米ドルを取り扱うには、保証金が足りません!!

豪ドル/円

豪ドル円 騙しの反転セットアップ

黄色が騙しの上昇ブレイク。

先程のユーロ/米ドルと同じように、上昇トレンドラインを下にブレイクした後、トレンドラインが上昇を抑えてから下降。(水平線の抑えも効いてます)

ブレイクアウトの第2波を狙うことができます。

今までは、ドル円だけのトレードをすることで、利益と損失の額の平均化がしやすいと考えていた。

(ポンド/円とかは、値動きが激しく、利益と損失が、ドル円とは比較にならずに、損益比率が乱れる。というより、ポンドは危険だと思う!!)

しかし、損切りとリスク管理を徹底していれば、豪ドル/円の取り扱いは始めてもよいかと思い出した。

(2016年の年始に、豪ドル円でボロ負けした記憶(記録も)があるが、損切りができていなかった。)

今回のチャートのようなセットアップであれば、ドル円と同じ、損切り約10pipsに設定できる。

まだ、今の手法に統一してから約1ヵ月なので、もう少し検証していきながら、他通貨ペアの取り扱いを検討しようと思う。

1年後・・・

僕のブログを見てくれてる人がどんな『検索ワード』で、このブログに辿り着いたかをみると

◆ボルマン

◆200EMA

この2つが非常に多いです。

『200EMA』というワードで検索してる人は、テクニカル分析に重きを置いてる人で

インジケーター(移動平均線やMACD、RSIなど)に、特別な力があると考えてる人が多いのではないでしょうか。

SMAか?EMAか?

期間は?

25がいいか?20か?

長期は200か?

僕の場合は、そうやってインジケーターをいじくりまわした果てに、辿り着いたのは

『このままでは勝てない』

という現実です。

結局、インジケーターに示されるものよりも、もっと大事なことを見なければならない。見えるようにならなければならない。

僕は、この記事から1年後に、約3年かけて築き上げたトレード手法を捨てました。

勝てなかったから。

相場で勝つためには、インジケーターよりも、プライスアクションから市場参加者の心理を見る。

『200EMA』で、僕のブログにたどり着いた人には、ぜひ見て欲しい記事です。

⇒エントリーポイントよりも環境認識が大事

いちおし!最新手法のまとめ記事です。

⇒水平線トレードのやり方!水平線の引き方ですでに勝負はついている?!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)